にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

思い出したこと・・

子育て術ぅを久しぶりに更新していて・・思い出しました。^^

こうちゃんが小学校低学年の時のこと!

私が職場から帰る途中、こうちゃんから電話がありました。
電話にでると・・

「ひっく・・ひっく・・」と泣きじゃくっています。

「なに?どうしたの?」
あわてた私は、怪我でもしたのか、
どこか痛いのかと、懸命に聞きます。

でも・・
「あのね・・あのね・・ひっくひっく・・ふたがね・・ふたが・・」

皆目用件がわかりません。

「怪我してるんじゃないのね。元気なのね。
それじゃ、あと5分くらいで着くから、待ってて!すぐ帰る!」と言って、

車を飛ばして帰りました。^^

家に帰り着いて、
「こうちゃん!!大丈夫?」と、部屋に駆け込むと・・

泣き顔のこうちゃんが座り込んでいます。

「どうしたの??」

「これ!これ!・・・」

差し出したのは・・液体のりの容器!
よく、家庭で使う文房具ののりです。

「ふたがね・・ふたとろうとしたら・・ひっくひっく・・・」

ふたを開けると・・中蓋まで外れてしまいました。

は~~~~~~~~~~~~!!
これ???中蓋取れて泣いてたの?

もう・・驚くやらあきれるやら・・
ほ~っとした途端、大爆笑しちゃいました。

でも・・
こうちゃんとしたら、壊したと思ったのでしょう。

こんなささいなことでも、その場にひとりだと不安なんですよね・・

こうちゃんに言ったことまで思い出しました。


「こんなこと、大したことじゃないのよ。

全然、心配しなくて大丈夫!

でも、壊しちゃったと思ったんだね・・

ひとりで心細かったよね~!ごめんね・・」って・・


小さな子をひとり家に置いて・・働くというのは、
私にとって、罪悪感がありました。

このときにも・・まったく大したことじゃないのに・・
それでも、そばにいてあげたかった・・なんて
ひとり、その後くよくよしたりして・・

後々考えると、こどもたちは、
他の子よりも、少し自立が早かったような気がします。
(いいのか悪いのか・・笑)

私は働いているし、離婚しちゃったし・・

その当時・・悪いな!と思った気持ちを・・
あるときから、いいことと考えるようにしたからかもしれません。

くよくよしたからといって現状は変わらない!
それなら、今できること!いいところをみつけていこう!

私が働けるのは、君たちが元気でいてくれるからだよ。
君たちと一緒に暮らしていて、とてもしあわせなんだよ
いつもありがとう・・

そんなこと、伝えて行こうと思うようになったんです。

私のたからもののこどもたち・・
あと何年一緒に暮らせるんだろう~!^^

いつの日か、巣立っていくんだよね~!!
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2007-03-18 23:36 | 我が家ねた!