にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

保育園の役割

保育園の役割ってなんだろうと考えることがあります。

本当は、「保育に欠ける子をお預かりする」ことが一番の役割です。
その中で、養護や教育を子どもたちの最善の利益という形で支援していきます。

ただ・・
乳児は集団には向きません。

そもそも乳児は個別に対応して育てていくべきです。

でも、保育園は集団です。
食事や睡眠、着脱、あそび・・
ペースがバラバラな子どもたちを保育園で見ていくのは至難の業なんですよね。

どうしても食事の時間は一斉になるし・・
お散歩の時間も特定の時間にせざるをえません。

その中で、こどもたちひとりひとりに最善のサポートをする。
保育園とはそんな理想を追い求めている場所です。

先生たちは、ひとりでも大変なあかちゃんを何人も一度にみます。
もちろんイライラもするでしょう。

子どもたちは1対1の関係を求めてきます。
その中で最善の利益を与えたいと思うと、無理があるのではないかと最近思うんです。

そもそも、集団の中で乳児さんひとりひとりが毎日安心して過ごす・・
それをするためには、今の倍の保育者が必要になると思います。

それを実施しようとすると、園運営は赤字になるかもしれません。

でも、それができないと、こどもたちは赤ちゃんのうちから
集団に合わせる生活を強いられることになるのです。

みんなと一緒に・・
ほかの子を待って・・
今は我慢して・・
まだまだ生まれたばかりの0歳さんや1歳さんがこういう環境にいます。

保育者は理想と現実のはざまで、苦しんでいる人がたくさんいます。

乳児は一斉に動けなくてふつうなんです。
それがあたりまえなんです。

でも、保育園ではそうしてあげられない・・

女性が輝く時代と言われています。
たしかに、男女問わず輝ければいいと思います。

でも、0歳から1歳から保育園は、こどもにとってどうなのか・・
家にいたら、その子のペースで生活ができるのに
集団での活動を強いられる保育園での生活は・・

乳児のうちは、おうちでのんびり過ごせるそんな世の中になるといいのにな・・
つくづくそう思います。

そして、保育園の先生方には、
「乳児は集団行動ができなくてあたりまえ」であるということを
肝に銘じていただいて、できるだけイライラしないで
楽しく保育ができるようにと心から願います。

今の世の中・・本当にこどもにとってのよいものをみつけていくのが
難しい時代です。

どうぞ、まわりにまどわされず、子どもにとって、そしてお母さんたちにとって
最善の選択を選んでほしいと思います。

なんて、最近こんなことばかり考えてしまいます。



[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-10-18 20:37 | 世の中ねた!