にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

花粉か風邪か・・

いきなり花粉がきました。
いや、風邪かな?

今週半ば、急に鼻水が止まらなくなり、ありゃ!保育に入っているから
子どもたちからもらったか?と思っていたのもつかの間・・

子どもたちがお昼寝をしたあと、どうも目が開き辛いなと思って鏡を見ると・・
まるでお岩さんのように瞼が腫れていました。

これ、風邪というより、アレルギー症状っぽいですよね。どう考えても・・
杉というより、ヒノキ?それともケヤキ?

はぁ・・おかげで喉もやられて、風邪だか花粉だかわからない状況です。

新入園児の子どもたちは、泣きっぱなしで鼻水もよだれも涙も出っ放し(笑)
風邪なのか、泣いているからなのかわからない(笑) かわいいな~~。

こうやって保育をしていると
ひとりひとりの子どもの心の内が、見えてきます。

我慢している子も、ちょっとした弾みで号泣。
笑って遊んでいる子も、自分の居場所(お母さん)をたまに目で探します。
私たち保育者に泣いて甘えてくれる子はまだいいんです。

まだまだ心を開いてくれるまでには時間がかかります。
ゆっくり待っているからね。焦らなくていいからね。と思う日々・・


お母さんたちもそうですよね。
「今日はどうでした?」「昨日よりいいですか?」「ほかの子もそうですか?」と
毎日質問攻めです。

心配ですよね。
お仕事を始めなくてはならない現状と後ろ髪をひかれる思い・・
この時期、両方の気持ちが手に取るようにわかって、できることをしたいと思います。

待機児童待機児童と言いますが、本来は、働かなくてはならない経済状況を
なんとかしてあげるべきなのではないでしょうか。

これからは、女性が働き手になっていかないと経済は成り立たないのかもしれません。
しかし、子を育てるのも、親を介護するのも結局は女性の役割になります。
待機児童を増やしているのは、国の政策ではないでしょうか。

1歳で、いきなりお母さんと離れる子どもの涙・・
説明されても理解なんてできません。

先生の膝には何人もの子どもが座っていて独り占めもできません。

おんぶして両手に抱っこして・・その状況に満足できる子が何人いることか・・
保育園の役割をもう一度考え直してもらいたいと心から感じる4月です。


[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-04-13 17:12 | 我が家ねた!