にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

やさしい光景

大震災後の東京は・・
なんとなく人がやさしい気がするんです。

みんなが節電につとめ・・
どれだけ寒くても暖房をつけない人がたくさんいます。

あかちゃんを持っている人が優先だからと
水を買わずに我慢する人がたくさんいます。

町は暗いけれど、今の東京では普通のこと。
だあれも文句はいいません。


やはり人はやさしいんです。

だれもが今は一致団結するべきだと理解し、実践している。
当たり前だけれど、こうやって目の当たりにするとうれしいです。


昨夜、帰りの電車でのことです。
私の隣に座っている男性が立ち上がったときに
ベルトからぶら下げていたチェーンが切れ、
ガラス玉などがじゃら~~~~~んと電車内に飛び散りました(笑)

隣にいましたから私の足元にも大量のビーズ。

立ち上がった男性は・・20代後半かな?

  呆然・・(笑)




私が拾い始めると「すみません、すみません。。」と男性。

顔をあげると、電車の中にいる人がみんなでビーズを拾っていました。

これがまた小さいものがつかめない(笑)

電車の端っこから、指で小さなビーズを押しながら男性のもとに運ぶ人あり。

「うまくとれなくって・・」
そのことばに男性が「すみません。」


ひと駅分みんなで拾っていました。

うまくつかめないのがおかしくて・・くすくす笑ったり
「とれない・・」と苦戦したり・・


なんとも穏やかなやさしい空気になっていました。



当たり前の行為です。

でも、そんなことしそうもない若者団体が率先して拾っていたりするのをみると
うれしくて・・私一人でニヤニヤしていたと思います。



隣に誰が住んでいるのかわからないといわれる東京が・・
今、少し変わり始めているように思います。

震災は起こってほしくないけれど・・
今こそ、みんなで乗り越えようの精神がひとりひとりに根付いている・・


そんな気がする帰り道でした。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2011-04-03 12:49 | 世の中ねた!