にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 3 )   > この月の画像一覧

不安は自分で作り出す

先週は、新入社員研修週間でした。
フレッシュな新卒さんの集まりは、なんとも初々しく・・ほほえましく・・
多少厳しい私でありたいのですが、どうしても厳しくなりきれない。ついついにま~~っとなってしまう。

このあたり、いつまでも誰にでも母なのでしょうね。毎年、大変だけど、楽しいひと時です。

そして、今週は新任施設長研修を各地で開催しています。
木曜は山形で、金曜は東京で・・こちらは、まるで違います。

もちろん、年齢が違います(笑)
それは当たり前ですが・・

そして経験値が違います。

私が研修してもよい?と思われるような方もたくさんいらっしゃいます。
もちろん、私より年齢が上の方、経験年数の多い方もたくさんいます。

それでも、みなさん、じっくりお話しすると同じなのですね。
園長になる方も、新卒と同様、不安なんです。

前園長との違いを指摘されることに不安を感じる方もいます。
新園の園長をされる方が、園を作り上げることに不安を感じます。

そして、これは誰もおなじなのでしょうね。

それを感じさせない強気な方もいらっしゃいます。
でもね、思うんです。不安だからこそ、強気になるのではないかと・・

いつも、最後には必ずお話しさせていただきます。
今から起こるかわからないことを想像して、気力を消耗するのはやめましょう。
起きた時に、真摯に対応すれば大丈夫ですと・・

そして、失敗しても大丈夫ですと・・
それよりも失敗を恐れて、隠したり、嘘をついたりすることの方が事が大きくなります。

園長先生は、しっかりやらなくちゃと肩に力が入っています。
少しでもその肩の荷をおろせるようにするのが私たちの仕事なのでしょうね。

明日は大阪で研修してきます。謙虚さを忘れないように・・そして楽しくお仕事してきます。




[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-03-22 18:15 | お仕事ねた!

今から別の職業??

少数だとは思いますが、私のHPに立ち寄ってくださる方へ・・

この時期は、どうしても週末休み返上になるため、更新もままならず・・
申し訳ありません・・

週1の更新が基本ですが、更新していないときは
あ~!お休み返上なんだな~と思ってください(笑)
細く長くがんばります・・^^


今日の話は、つい最近話題になったテーマなんです。

何歳まで別の職業を体験できるのか・・
私は1月に49歳になりました。来年は50歳です(あたりまえ・・)

50歳を境にして・・
このままでいいのだろうか!と自分を振り返っています。

仕事はお金を稼ぐためと割り切ることができる人もいれば・・
仕事が命という方もいますよね。


私はどちらかといえば、仕事が命の人でした。


とにかく今にして思えば、仕事(保育)が本当、性に合っていたのでしょうね。

今も勉強したいことが山のようにあります。
この年になっても、まだまだ知識が足りないと歯がゆいことがあります。

保育は、本当に奥が深いです。
毎年毎年新しい課題が生まれます。

ありがたいことですよね。
仕事が好きでやりがいを感じているんだから仕事命になるってものです。


しかし、このままでいいのか・・と自分を振り返ることはあります。

もともと、障害児施設や養護施設で働きたいと思っていました。
カウンセラーのような仕事にも大変興味がありました。

でもね・・私には向かないんです。

ひとつひとつの事案に感情移入します。
私はあっという間に使い物にならなくなるでしょうね。


学童・・体力的に無理だろうな~~~。

ベビーシッターさんとかどうかな・・
個人宅でお仕事するのは楽しいのかさみしいのか・・


・・・まったく別の職業じゃありませんね。
   すべて子どもが相手(笑)


人が相手の仕事なら、とりあえずチャレンジする勇気は奮い立たせられるかな・・
クレーム対応というのも、そんなに苦手ではないかも・・
でも、割と熱い性格だから、喧嘩になるかな(笑)

電話相談窓口とかどうかな。


50歳を前にして、自分にできることを考えるというのも、これまた楽しいものです。

来世、人に生まれ変わったときには、決めている職業があるんです。
なんだと思います?

それは・・ご想像にお任せします(笑) 恥ずかしいので・・
こんな夢みたいなこと考えているだけで、楽しい気持ちになります。

疲れているときには現実逃避も必要です(笑)
よしっ!3月は体力が命ですね。
皆様もお体壊しませんように・・

明日からまた花粉に負けずがんばりますか♪お~~~~~!!!









[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-03-15 21:51 | 我が家ねた!

ゆとり世代

若いから・・

年をとっているから・・

ゆとり世代だから・・

新人類だから・・古い?(笑)


私もついつい使ってしまうことがありますが・・
その中でも、ゆとり世代だからと言われると、つい反論してしまいます。

それは、我が家の子どもたちがふたりとも「ゆとり世代」と言われる年代だからです。(笑)


ゆとり教育が始まったとき、私は「いいことだな~」と思いました。


ゆとりって必要だと思いませんか?
子どもにも、そして大人にも・・

大人にとってのゆとりは休息という意味も大きいと思いますが、
成長期の子どもは、そのゆとりをどう使うかということが重要だと思うんです。



特に、小さなうちは、ゆとりの中で主体的に遊ぶことがなにより大切だと思っています。

詰め込まれるのではなく・・
教え込まれるのではなく・・
自分で考えて自分でみつけて自分で工夫していく・・


その力がなにより大切な気がするんです。

そして、その力をつけた子は、大人になっても、困難にぶつかっても、自分で考えて行動していく
のではないでしょうか。


学力で比較をすると、下がったことになるのかもしれない。
それはそうなんです。
ゆとり世代は、習っていることが通常世代より少ないのですから・・


詰め込めば、学力は上がるかもしれない。


でも、そこに問題があったからこそ、ゆとり教育を始めたのではないのでしょうか・・


もっと、じっくりと時間をかけて検証して欲しいな・・
教育・人を育てるというのは、点数で計れるものではないのだから・・


娘や息子、さらにその友達は、今の生きづらい世の中を、あちこちぶつかりながら成長しています。

「こうしたらどうかなと思うんだけど・・お母さんはどう思う?」

「子どものためには、もっと園内での話し合いが必要だと思うんだ」と語る娘を見るにつけ
ゆとり世代もまんざらではないぞと私は思うんです。(笑)


単なる親ばかかもしれませんね(笑)



[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-03-01 22:15 | 世の中ねた!