にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

健康おたく

最近、自分の健康おたくぶりを実感しています。

年齢とともに、体調が悪くなったり疲れがとれなくなったりすることが多くなります。

これは仕方がないのでしょうね。
でも、何歳になってもお元気で活躍されている方もいらっしゃいます。

もともと健康な体を持って生まれてきた人もいるのでしょうが
多くの人が努力をしていると感じるようになりました。


たとえば、野球選手のイチローは、努力の人です。
もともと素養はもっているのでしょう。

それにしても、その後の努力がなかったら、あれだけの偉業は達せられない。



健康づくりもそうだと感じるようになりました。


健康な人は、自分の体の声に耳を傾け、なんらかの努力をしている。


たとえば、夜更かしをしない。
暴飲暴食しない。
飲みすぎない。
適度な運動。
簡単なようでいて難しいです。



昨年のはじめでしょうか・・

ずっとおなかの調子が悪いことがありました。



私は、疲れると腸がストライキを始めます。動かなくなるのです。

いつも、薬を持ち歩き、飲み続ける生活をしていました。



それに加えて、疲れがたまったのか、あちこち不具合がでてきました。

医者にいけば、対症療法として薬はだしてもらえます。
でも、根本的な解決にはならない。



そこで、いろいろ取り組み始めました。(笑)

まず、最初に始めたのが・・食の改善。



栄養バランスに注意した食生活です。

炭水化物と野菜中心の食生活を、炭水化物を減らしタンパク質を増やす生活に変えました。




どうなったと思います?

半年経過して、4キロ太りました(笑)



でも、効果はありました。

血液検査の結果も、だいぶ人並みになりました。

そして、腹痛も減りました。




もうひとつ、睡眠時間の確保・・

仕事で遅くなる日はありますが、6時間以上は毎日寝るようにしています。
これも、おなかへの効果は抜群です。



そして、今年になって始めたのが「あるけあるけ」運動とストレッチ。
ついでに腹筋も開始しました。


4キロ太った分がすべておなか周りについてしまったのと
筋力の低下を実感する出来事があったからです。



こちらはすぐに効果はでませんが、こうやって公にすることで続けられるかなと(笑)



スマホのアプリにも大変助けられ、継続しています。

継続は力なり。



自分の体にあった努力をしていきたいと思っています。

ほどほどにね(笑)



おかげでここ1年、花粉の薬をもらう以外薬は飲んでいません。

来年の今頃も続けていられるといいのですが・・









体は自分で守るしかありません。

食生活、生活リズムの改善は自分の意識次第。




まだまだやりたいことあります。

まずは健康な体作り。がんばってます(笑)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-02-24 15:54 | 我が家ねた!

申し訳ないという気持ち・・

申し訳ない=罪悪感 となるのでしょうか。

仕事をしているとそういう気持ちによくなります。

「みんな仕事をしているのに、先に帰ったら申し訳ないかな・・」



こう悩む人の多くは家庭を持っています。(私の身近な知人の場合・・)


旦那さんがいる。

こどもがいる。

介護をしている。




家庭と仕事の両立というのは生半可なものではなく、いつもこういう気持ちと隣り合わせです。


上記の例の場合・・

同僚に申し訳ないから、もう少し仕事をしていこうということにすると・・

今度は、家族に申し訳ないと思います。



夕飯の支度が遅くなり、子どもと過ごす時間が減り、家事をする時間がストレスになる。


こういうとき、私は「開き直ろうよ」と言います(笑)



簡単にはできないんですけどね。

それでも、開き直りって大切だと思います。



人間、時間は限られていて・・

すべてをこなそうとすると、自分の時間を削ることになります。



毎日、寝不足で仕事にいく。

そんなことを続けていたら、体調を崩します。

免疫力が低下し、いろいろな病気にかかる可能性も高まります。




すべてを完璧にこなすことなんてできません。

すると、結果・・「仕事をやめようかな・・」となるのでしょうね。



いろいろな事情があって、仕事を辞めざるを得ない人がたくさんいます。

それもひとつの選択肢です。決して間違いではない。



でも、「仕事は楽しい。辞めたくない」と思っていたら・・
自分の罪悪感のために辞めるのはもったいないと思います。


子どもがよく熱を出して、仕事を辞めざるを得ない人がいます。

職場に理解がないときには、それも仕方ないかもしれません。




でも、職場は「休んでもいいよ」と言ってくれていても
自分の罪悪感に耐えられず、辞める人がいます。


私も子育てをしながら、仕事をしてきました。


同じように罪悪感と闘いながらここまできました。

今は、年齢とともにくる疲れや体力のなさに、無理は禁物を実感しています。



休む時には休む。自分の仕事が終わったら、申し訳ないけれど先にあがらせてもらう。

家庭を持っている人は、無理をしたら禁物ですよね。家庭もうまくいかなくなります。



今の時代、共働きはある意味仕方ないと思います。

ただ、子どもは優先してあげないと、成長に影響を及ぼします。



一時期、迷惑をかけるかもしれないけれど、子どもが大きくなったら
その分、これから出産する人や結婚する人に恩返しをすればいいのだと思います。


生きていれば・・みんな結婚、出産、介護の時期が訪れます。



私は「公平」とか「平等」ということばに抵抗があります。

おなじ条件のもとでなら可能かもしれませんが、人それぞれ事情があります。


平等にできないこともあります。


人それぞれ、スキルや経験値が違います。

できることも違います。



そこを認めてこそ、個性を尊重したことになり、チームワークが強化されるのではないかと
思うんです。


「あの人はやってない」

「あの人はいつも早く帰る」


その人の立場になってみたら、それも仕方ないと思えるのではないかな~。

そういうことを認めてあげるのが助け合いではないかな~と思う今日この頃。



困ったときには、正直に話して、助けを求めてください。

そして、恩返しができるときには存分にしたいと思う今日この頃でした(笑)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-02-18 15:22 | 世の中ねた!

ふつうとは?パート2

普通とは?個性的とは?

そんな話題が尽きません(笑)人と話すたびに話は広がり・・

先週の続きをお伝えいたします。



「ふつうの概念としてはいくつかあるのではないか」というのが
先週から今週にかけての気づきです(笑)

くだらないこといつまでも考えていますよね・・


ま、興味のある方のみお付き合いくださいませ。



1.自分がふつう、自分と違う考えや行動、生活習慣を持っている人を変わっていると感じる。

  →これ、家庭環境によって大きく左右しますよね。
   
   お皿の洗い方ひとつとっても、洗ったらそのまま乾かす?それとも拭いて食器棚にしまう?なんて・・
   そんなことが違うのですよね。おもしろい・・(笑)


2.世の中の多くの人の行動や思考と違う人を変わっていると感じる。

  →これ、ありますよね。

   たとえば、母子手帳に書いてある成長曲線ってご存知ですか?
   あれは、3%タイルを使用しているのですが、同じ年齢(月齢)の子どもの
   身長体重を測定し、平均から外れている上下3%の子どもがやせすぎや太りすぎと
   認識されるわけです。

   グラフの正常ラインから外れるわけですね。

   これ、ポイントな気がします。


   たとえば、正常だけれど遺伝的に小さい子大きい子が存在します。
   また、病気の場合もあります。

   病気の早期発見としては、大変有効だと思いますが、遺伝の場合・・
   自分は人と違うと小さなころからコンプレックスを抱かせる可能性もありますよね。


   流行というのもそのひとつのような気がしませんか?

   みんなが同じ髪型や服装にはまるとき、ひとり、していないと変わっていると言われる。
   私、どちらかというと、変わっている人に入ります(笑)


3.自分を言葉や行動であらわす人が個性的と言われる。

  →実は、人はひとりひとり個性があるはずです。
   指紋が違うように・・DNAが違うように・・同じ人がいるはずがない。

   よくよく話してみると、自己主張していないだけで、
   実は自分をしっかり持っている人もたくさんいますよね。

   
   ということは、みな実は個性を持っているが・・
   多くの人が、表現することを恐れている。

   結果、自己主張する人は変わっている(個性的)と言われる。


 のかなと・・・(笑)




個性的だね。変わっているねという言葉は、褒め言葉としてあまり
使われていないのではないかというのが、今回の始まりでしたが・・

私の結論としては、決してそうではないということです。


ある意味、「しっかり自己主張しているね」という褒め言葉(笑)

または、「人に流されずに自分を持っているんだね。」とでもいうのでしょうか。




2週連続、おかしな話題で申し訳ありませんが、
だいぶすっきりしたので、このテーマは、今回で終わりにしたいと思います。(笑)


は~!すっきりした。

私は「個性的だよね~」と言われたい 管理人たまでした(笑)
   
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-02-11 14:29 | 我が家ねた!

ふつうとは?個性とは?

今日の気温あまりに高くて驚きましたね~~。

仙台に行っていたのですが、仙台も13度くらいあったのかな?
東京は20度近かったみたいですね。


2月2日ですよ。びっくりです・・
三寒四温にはまだ早いですよ・・まちがってるよ~~~~(笑)

明日からまた寒いようで・・

みなさま、お体にはお気をつけくださいませ~~♪



それはそうと、件名について・・
今日、仙台からの帰りの話題はこれでした(笑)


「普通の人ってどんな人?」です。




普通の人?変わっている人?その境目はどこ?


ひとりひとり思い描いている普通の人像は違っていて・・

自分と違っていたら「変わっていると感じるよね~」なんて話で
相当盛り上がりました(笑)



多くの人は自分を基準に世の中を図るのでしょうか。

そういう私も、私を基準にしているのですよね。




それが私のふつう・・・



いや、私は結構変わっていると自負しています(笑)

「個性的ですよね」と言われることに、喜びも感じます。



だから、私は普通ではないはずなんです(笑)



・・・ということは・・・私の考える個性的な人というのは、

ある意味「普通の人?」




それとも、私よりももっと飛び抜けている人?



ふつうという概念をみなさんと共有したいと思っていろいろ考えましたが

無理でした。あきらめます。



どなたか私に教えてくださる方募集中(笑)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-02-02 21:30 | 世の中ねた!