にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

娘と美容院

息子は別のところですが・・

娘と私は、もうずいぶん長いこと代官山の美容院に通っています。


ここの美容師さん(スキンヘッドの男性)がまた面白い人で・・
私たちのことを知り尽くしている人物(笑)


私はカットとパーマ、髪も染めました。

娘は、就職も決まり、バッサリと切りたいところ。
色も少し明るめにしたいな~~~などと考えていました。



しか~~~~し、3月には卒業式が控えています。

社会人になる前の最後のイベントです。



美容師さん「ここで切ることないっしょ。
       袴に合わせて少しまとめようよ~~~~~~~~~」

娘「もう、結わくの面倒くさいんですよ。
  結わかなくていいようにしたいのと、前髪も顔にかからないように切りたいし~~」

美「いやいや・・それはないでしょう。
  あと2か月我慢しようよ。もう少しだよ。」

娘「え~~、でもやっぱり切りたいし~~~~」

美「え~~~~!本当に切るの?ほんとに?
  人生で一度のイベントだよ~~~。」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・という会話が続き・・・・

美「(独り言のように・・)切っちゃうのもったいないなぁ・・
  ほんとに切っちゃうの~~。」




・・・・・・・・・・・・・・・・・

折れた娘(笑)「それじゃ、結わかなくていいくらいの長さならどうかな。
         前髪も多少切ってもらって・・」

嬉しそうな美容師さん「え??できるできる。
              このくらい切っても、あげることはできるし・・
              結わかなくても全然平気だよ~~~。」




わはははは・・


聞いている私はおかしくてにやにやしてしまいました。


私としては、短くても長くても、どちらも似合うだろうし・・
娘の好きな方でいいと思っていたのです。ぷぷっ




最後は、娘が折れて終了。



美容師さん「そうでしょ。そうでしょ。ほとんどの美容師がこういうと思うよ。
       絶対かわいいからさ~。そうしよ!そうしよ!」




ということで、軽めのレイヤーになりましたとさ。





帰り道、娘がひとこと・・


   「折れてあげた・・(笑)」でした。





おかしな美容師さんですよね。

でも、いつも一生懸命なんです。
私たちがそのとき、そのときを一番綺麗な?自分に似合った状態で
しあわせに過ごせるように考えてくれます。



意見が食い違うことも多いけど・・(笑)

おかげで、綺麗に?過ごせているかな(笑)




卒業式が楽しみです。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-01-26 17:27 | 我が家ねた!

保育園保健の勉強会参加

寒いですね~~~。


そんな週末、2日間、タイトルの勉強会に参加してきました。(笑)

私は、看護師でも保健師でもありません。
生粋の保育士です(笑)


でも、保育士になるために、小児保健が必要であるように、保育士も知っておいた方がいいことが
たくさんあります。


1.予防接種

2.感染症

3.身長体重の増加 (低身長について)

4.衛生面での悩み



すべて、保育士にも関わります。



認可保育園でも、看護師が配置されている園はまだまだ少数派です。

配属されていても、担任を持っている人も大勢います。


そんな中で、小児保健の重大性を現場の看護師さんが訴えているのです。



そのとおりですね。

保育士・看護師・保健師・栄養士・・そして医者・自治体などなど

みんなが連携しないと子どもの健全な発達は支援できない。




そんな熱い研究発表や講演にまたまた刺激を受けてきました。

そして、保育士と看護師の視点の違いもおもしろいものです。



衛生面が第一の看護師さんと、保育面からみた子どもの支援が一番の保育士。

どこの園でも、討論を交わしているようです。





たとえば、パンツをはくとき・・

床やたたみに直にお尻をつけることに抵抗のある看護師さん。

それはそうですよね。
ノロなどは、接触感染が多いです。


しかし、そういうときは別として、子どもが自分でパンツをはきたいという気持ちを
大切にしたいと考える保育士(笑)


  わかるな~~~~。


「自分で~~~~!!」と言い出す時期はとても大切です。

自分でやりたいというときに子どもたちはどんどん新しいことを吸収していきます。

衛生面では看護師さんに軍配。子どもの気持ちと発達では保育士に軍配。
こうやって考えていくとなかなか結論がでません。


まるで視点が違うのですから・・・




そこで、多くの保育園では、パンツをはくための椅子を決めて
あちこちにお尻をつけないようにしています。

だからといって、同じところにお尻をつけるのは変わらないので、
根本的な解決策にはなっていません。



しか~し、そこで反論の保育士さん。

「それなら、便器はどうなるのでしょう。
ひとりひとり使用したら拭くのでしょうか。おなじことだと思うのですが・・」


「拭きましょう」と看護師さん(笑)



そうなりますよね・・

しかし、多忙な保育園生活でそこまでできるかどうか・・





そこが、医療と保育の違うところなのでしょうか。

おもしろいですよね。



医療からみた子どもの健康と安全。

保育からみた子どもの健全な発達。



どちらも子どものためです。

何度も何度も話し合いを重ねて、試行錯誤していきたいものです。





まだまだやることたくさんあるな~~~~♪

人生は楽しいです。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-01-21 00:41 | お仕事ねた!

雪と成人式

すごい雪ですね。

いやはや・・東京は1面の雪景色です。

こんなに降るのは久しぶりじゃないかな~~~~。



世の成人式参加のみなさま・・ご成人おめでとうございます。

今日の成人式・・みんな着物やスーツを着たのでしょうか。
大変ですね。


といいながら、我が家の息子も成人式なんです。


ところが、今日はバイト!
昨夜すでに成人式前夜祭を友達とやったようで、昼過ぎバイトにでかけました。(笑)

バイトを早めに上がらしてもらい、飲み会にだけ参入するとか・・

まっ、男の子ですからね。こんなものでしょうか。




娘のときは、美容院、写真撮影と朝からバタバタしてものでしたが・・
男の子となると、だいぶあっさり(笑)


といいつつ、我が家の子どもたちはふたりとも成人してしまいました。

誕生日は明後日の16日ですが、ま、いいでしょう。




もう、私の親業もここらでおしまいとしましょう。

あとは、子どもたちが自分で切り開いていくことでしょう。




まだまだ息子は大学生活が長いので、金銭面でのサポートはしていきますが・・
あとは野となれ山となれ!!!

ここまで長かったような短かったような・・



先日も、小さな子どもを持つ同僚と会って話をしました。


「何歳くらいになったら楽になる?」そんなことを聞かれました。


そうですね~。

まずは、中学入学で一息ついた気がします。
そこまでは、兄弟喧嘩も多く、家の中はいつもあわただしかった覚えが・・



女の子の思春期は早めで、小学校の中学年くらいから高学年までは
なかなか手ごわかった覚えがあります。

男の子はゆっくりなので・・
反抗期も中学に入ってから・・




   といっても、我が家ではすぐ終わってしまったので
   困った覚えはないのですが・・



反抗期対応のこつはですね。



一緒になって戦わないことでしょうか。

親に反抗する中で、子どもは自分というものを確立していきますから
反抗期とは、歓迎するべき成長段階です。



ある意味、表面は気にしないふりをしつつ・・
心の中ではほくそえんじゃってください(笑)


私は満面の笑顔で反抗する息子を出迎えてしまったため・・

つまらないらしく、あっという間に終わってしまいました。
もう少し見ていたかった・・


笑っちゃいけなかったな~と反省です。



その後も、私はあまり口をださなかったので、子どもたちが自分でいろいろと決めました。

進路も、塾に行くいかないも、先生との面談も「自分でいうから大丈夫」と
三者面談なんてほとんど記憶にないくらいしかいきませんでした。



自分で決めた分、自分で責任を持って対応してくれているような気がします。


その中で私が心がけたことはひとつだけ。


子どもたちが相談したいと思っが時にはとことん付き合うこと。
(できていたかどうかは子どもたちに聞かないとわかりませんが・・)



今の会社に入って、6年が経過しようとしています。
下の子が中学3年、上の子が高校2年くらいだったのかな・・


出張が多く、帰宅も遅く・・土日がない状態で、母には大変お世話になりました。

子どもたちが相談したいと思ったとき、いなかったことも多かったでしょう。
だから、できるだけ休日は家にいるようにしました。


子どもたちが話しかけられるように・・

それくらいしかできなかったのに、こうやって立派に二十歳になります。



ありがたいことです。

昨日、ささやかに家族で息子の誕生日パーティ。



「我が家に生まれてくれて、元気に今日を迎えてくれてありがとう」とお礼を言いました。


息子はなんて言ったと思います?


「どういたしまして」ですって(笑)



さぁ、このあとも、元気に家族楽しく過ごしていけるといいな~と思う成人の日でした。





明日の通勤が心配ですが・・

みなさんも転倒等お気を付けくださいね~~~~。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-01-14 18:19 | 我が家ねた!

生活リズムの乱れ・・

みなさま・・

 あけましておめでとうございます。
 本年もどうぞよろしくお願いいたします。


あっという間に新しい年になりましたね。
時の経つのは早いものです。

私も誕生日を迎え、ひとつ年をとりました。
そして、私は今年・・年女(笑)


今年もいい年になりそうです。



今日は、友達と買い物に行きました。

お正月恒例です。
もちろんセールを狙って買い物は楽しむのですが、当然楽しいのはおしゃべり(笑)


息子の誕生日が間近なので、プレゼントを選んでいるときのこと。



友人は大変ノーマルなタイプで、服装もシンプルで品のいいものを選びます。

私はといえば・・どうしても個性的なものに目がいきます。



これ、性格なのでしょうね。

私って、目立ちたがり屋なのでしょうか。どうも、人と一緒というのに抵抗があって・・
つい、一癖あるものを買いたくなってしまうんですよ。

色が派手というのではなく・・
どちらかといえば、流行に逆らった感じというのでしょうか。

・・我が強いというのかなぁ・・



まぁ、それも自分のものだったらいいですよね。

しか~し、今、選んでいるのは我が子の服です。それも男の子。


今日は・・



友人に「ね~!これって普通かな?ちょっと個性でちゃってる?」といちいち聞く私

友人は「う~ん!それは、私だったら選ばないかな。私だったらこっちにする。」と素敵なアドバイス。

私「お~~~!なるほど、ノーマルはそっちなのか。じゃ、それにしよ」



  という服の選び方(笑)をしました。



息子と娘は、本当にノーマルなものをおしゃれに着こなします。

それこそ、本当のおしゃれさんなのですよね~。きっと・・




まっ、おしゃれとは、本来自分の楽しみですから、私はわたしでいいのでしょうが・・
(あくまでも、自分は変えない・・)


あはは・・


買い物ひとつでも、いろいろとおもしろいです。


今日は、息子が喜んでくれそうなものを友人に選んでもらって感謝の1日でした。

持つべきものは、私が個性的であることを認め、息子に似合う服を教えてくれる友人です(笑)



お店でひとつひとつの服をみながら・・

「これ、個性的?ふつう?」

「ノーマル?アブノーマル?」と叫びながら一緒に探してくれたのですから・・
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2013-01-06 21:28 | 我が家ねた!