にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

ひとりひとりが精一杯生きている


最近、いろいろと考えさせられます。

人に会うたびに・・
「あ~!彼女はがんばって生きているんだな~。」

そんなことばかり感じます。

順風満帆な人なんて多分いないんじゃないかな。
みんな苦しみながら、もがきながら生きている。

でも、それが生きるっていうことなのかな・・なんて
最近は思うわけです。


生きているからこそ悩むわけですよね。

こどもを育てるなんてまさにその中の大きな出来事のひとつ。
自分だけでもままならないのに・・子どもを産み育てるわけです。


うまくなんていかない・・
いつも悩み、不安になり、いらいらするなんて
だれもが経験していることでしょう。



でも、子どもから与えられるものは大きい。

ピュアな子どもの行動やことば・・
守ってあげなければ生きていけない弱い存在・・
守り育てるうちに、親にさせてもらっている私たち・・


10年後には
「あ~!そんなこともあったね~」と大概の人が思うんじゃないでしょうか。

生きるってそもそも苦しいものなのでしょうね。



だからこそ、どうやって楽しく1日1日過ごすか・・
今日いらいらしたのなら、明日はどうやってイライラを減らそうか・・

そうやって生きていくべきなのかもしれませんね。



私の母は今年68歳になりますが・・
おかげさまで元気にしています。


でも、私もまわりでは、続々とご両親の入院や介護の話が聞こえてきます。

そういう年齢になりました。


子どもに悩む人あり・・
介護に悩む人あり・・


みんなこうやって生きているんですよね。

みんな!えらいな~~~~!!

解決できない問題はたくさんあるかもしれないけれど
悩んで過ごしても楽しく過ごしても時間は同じように流れます。

それなら、気持ちだけでも楽しく過ごしたいですよね。
また楽しい集いしようね~♪


よっし~!よろしく~~~~~(笑)




でも、花見はちょっと・・

花粉がものすごいです(涙)



薬を飲んでいてもくしゃみ連発。

しばらくはインドア派かな~~~(笑)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2011-02-27 14:37 | 世の中ねた!

虐待

最近、虐待について調べています。

虐待は、親や養育者からのものと思われがちですが
施設職員による虐待についても法律化されています。

それだけ、児童福祉施設での虐待があるということなんですね。

同じ児童福祉施設に携わるものとして
やはりきちんと理解しておかなくてはならないと
ひしひし感じています。


虐待とまではいかなくても「人権侵害」はよく耳にします。

一般の会社でもあると思いますし
いじめは大きな「人権侵害」のひとつだと思います。

人を人として扱わない態度・・
無視する、ことばでの暴力、辱めやからかいを受けることも
人権侵害ですよね。


セクハラやパワハラということばもありますが・・
こどもの世界でもあるような気がします。


そういうことに敏感でありたいなと思います。

こどもだからわからないと思ったら大きな間違いですよね。
ことばで言い返せない子どもだからこそ
大人が察する必要があるとそう思います。


まずは大人から・・
まずは保育者から・・

足元を見直し、子どもたちの明るい笑顔を守りたいと
つくづく思います。


といいつつ、今日も結婚式の二次会に参加してきます。

私のまわりはおかげさまでしあわせオーラ満開です。
このしあわせオーラを広げていきたいものです。(笑


私もいつか・・なんて(笑)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2011-02-20 12:25 | お仕事ねた!

結婚式の二次会

今日はこれから美容院へいき、久しぶりにボブにチャレンジしよっかな~♪
なんてうきうきしているのですが・・

似合わない場合のショックを考えると恐ろしい・・

どちらかというと飽きっぽい私はロングにしたりショートにしたり
ちょこちょこ髪型を変えています。


これ、気分転換にはとてもいいんですよね~!
元気がでます。

似合うか吟味もせず思いつきなので、失敗もたびたび・・(汗

でも、いろいろやってみたい女心な訳です(笑)



そして夕方からは結婚式の二次会に参加してきます。
(迷わなければ・・)


私のまわりでは、結婚、出産があとを絶たず・・
二人目、3人目とこどももたくさん生まれています。

みんな子育てを悩みながらもがんばっているわけですが・・


先日、ニュースでみた「お金がないと子どもは育てられない」的な記事!
こういうのにカチンときてしまいます。

それはもちろん、お金を稼ぐことができなければ
子どもは育てられないわけです・・

ただ・・
年収300万円だと育てられないとか・・
年収1000万円以上の子は難関大学に入る確立は高いとか・・


それはもちろんそうです。

でも、人の価値観はそれぞれ・・

難関大学に入ろうと不幸な人はいるでしょうし
奨学金を使って必死に勉強している人もいます。

大学に関係なく自分の道を見つける人もいるでしょう。

だれがしあわせで誰が不幸せなんて
他人が決めるものではありません。



うちの年収も相当かわいそうな感じです。

娘や息子も塾に通っていませんでした。
サッカーをして野球をして、川に行き、山に登り大きくなりました。

中学も高校も公立です。

ささやかな学資保険に助けられなんとか大学にもいっています。
奨学金も申請します。


でもとてもしあわせです。



もちろん、稼ぐことができなければこどもは育てられないけれど
年収が高くなければこどもは不幸せになるなんて考える必要もないと私は思います。

あとは子どもが自分でなんとかします(笑)多分・・



小さな時から塾通い・・
友だちと遊ぶ時間もなく、詰め込まれる子どもたち・・

目に見えない大切なものを置き忘れて育つ子どもたち・・

そのほうがよっぽどこわいです。




なんて・・庶民のたわごとと思われるかもしれませんが・・


まわりがこうやって結婚し子どもを産んでくれるのが
嬉しくて仕方ないんです。


では楽しく参加してきま~す。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2011-02-06 10:43 | 世の中ねた!