にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

テレビとビデオとわが子について(笑)

すんごいタイトルだわ・・これ・・

昨日、無事に受験を終えてきたこうちゃんは、
起きません(爆)

相当、疲れた様子・・^^

「だめだった~~」「落ちた~」と帰ってきたけど、
いつも、そういう人だから、

「なるようになる!」と構えてることにします(笑)

合格したら、もちろんうれしいけれど、
私立に行くことになったとしても、

「それはそれで、こうちゃんにはそっちの学校の方が
合ってるってことなんだろうな」と思うんです。運命か~(笑)

みなさん、ご心配おかけしてます。
結果は28日!
その日から北海道出張ということで、
私も結果は、北海道についてから聞くことになります。

というわけで、出張後、またアップさせてね~~~~^^;

今回は、先日、リクエストのあった・・
「テレビとビデオの影響」について~!!^^

テレビやビデオ、ゲーム、パソコン、携帯・・など
さまざまなメディアについては、
かめさん丸(ご存知の方いるかな~^^)でも、よく書いていました。

1.0~2才については、百害あって一利なし!(笑)
  ・テレビとはコミュニケーションがとれません。
  テレビは、返事をしてくれません。
  会話をすることができません。
  テレビをみているからといって、おうむ返しに覚えることはあっても、  
  人と人との会話ということは獲得できません。

  また、刺激が強いため、こどもにとってはとても魅力的なもの・・
  依存してしまうことも多いです。(他の遊びがつまらない・・)

  ・リモコンで操作を覚えることにより、
  いつでも見れる、いつでも消せる、早送りしたり巻き戻したり・・
  また、最大の欠点として、「聞き流す」ことを覚えることです。

  人の話も聞き流す・・おもしろいことしか聞けない・・
  人の話が聞けない子が増えているのは、恐ろしい限りです。

  わらべうたや、素話、お話のおもしろさを知らない子が今、たくさんいます。
  これは、勉強に対しても言えます。

  人の声というものより、機械音に魅力を感じるこどもは、
  授業を聞くことができません。
  おもしろくないからです。
  
  本来、小さなうちに
  「これってどうなってるんだろう?」
  「どうして、こうなるんだろう?」
  「なんで?どうして?」という好奇心を育ててあげることによって
  学校へ行ってからの勉強がおもしろくなるんです。

  テレビをみて、ことばを覚え、記憶していく。
  これは、とても画期的なことに思えますが、
  その弊害は、小学校高学年から中学高校になってでてきます。

2.テレビは娯楽

  ただ、テレビは娯楽としては優れているものです。

  だから、使い方を間違えなければ、共存はできると思います。
  わが子たちも、大のテレビっ子・・

  今もテレビの取り合いをしています。

  ただ、テレビのつけっぱなしはしません。
  他のことをやっているときには、テレビは止めます。
  本や漫画を読んでいるときには、テレビは止めます。
  夕飯の時には、できる限りテレビは止めます。
  友達とたくさん遊び、外でも遊びます。

  このようにして、意識してテレビを使うことで、
  娯楽としてのテレビが際立ちます。

  問題は、テレビに子守をさせてしまうこと・・

  話しかけたら、返事をしてくれる
  友達と遊ぶと楽しい
  自分の思ったことをことばにする
  人の話を聞くのは楽しい

  これは、ごく一部ですが、こういう人として生きるために必要なことを
  獲得することができれば、テレビはなんの問題もありません。

  なぜ、0~2歳のお子さんに対して害があるというのかといえば、
  一番、影響力が強いからです。
  その間に学ぶべきものが人として生きるうえでとても大切だからです。


なんて・・思いつくまままとめてみました(笑)
いかがでしょうか?^^

昨日、研修を行ってきました。
昨年の新卒さんに向けてのものです。

その中には、年間指導計画の見直しも含めているので、
5領域についての話もしました。(すみません、保育士ねたです)

5領域とは・・健康、人間関係、ことば、表現、環境の5つを指差しますが、
それ以外に、基礎的事項という事柄があります。

基礎的事項とは、生命の保持のために欠かせない介助です。
自分でも勉強しなおして思ったのですが、
「狼に育てられたこども」の話はご存知ですか?

狼さんにも、人の子を育てることができるわけです。
食べ物を与えて、暖めてあげて、守ってあげる。

そうして、そのこどもは育っていった。

でも、そのこどもは、人として育ててもらっていないんです。
「健康」・・食事のマナーだったり、排泄、清潔という集団生活をするうえで必要なこと。
「人間関係」・・先生、年上、年下、同い年のこどもと触れ合うことで、関係を作っていきます。
「ことば」・・絵本や紙芝居、わらべうたや童謡、また、自分の気持ちをことばで伝えるという
      大切なことをここで身につけていきます。 
「表現」・・絵、リズム、制作など芸術的な分野で、自分の思いを表現します。
「環境」・・地域や身近な周りのことに触れ、自分のいる場所を認識し、また、
    身の回りのことを自分でできるようになっていくのもこの領域に入ります。(多分・・笑)


保育所保育指針に書かれている5領域というのは、
こういう人として育つための大切なことなんですよね。

狼にはできないことです。

そして、テレビにもできない・・

あらためて、年間指導計画を見直すたまでした(笑)
キムちゃん、リクエストあんがと♪
   
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2008-02-24 12:09 | 世の中ねた!

受験生のひとこと・・

「おかあさん・・

おれ、なに勉強したらいいのかわからないよ・・」






だんだん、日にちがせまってきていて
それはそれは、不安にもなるよね。


うんうん!その気持ちよくわかるよ~~!!

結果がどうであろうと、それも君の運命!
思う存分やってこ~~~い♪



塾にもいかず、家庭教師もつけず
ひとりで勉強してる君をおかあさんは誇りに思うよ・・(号泣)

泣くのはまだ早い!
あさってが本命都立の受験日です~~~~~~~~(笑)


追伸・・テレビネタはちょっとお待ちください(汗)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2008-02-21 21:33 | 我が家ねた!

ただいま~~~♪

昨日の最終新幹線で帰宅しました。
家に着いたのは、夜中の1時近く・・

ふぅ・・今朝はのんびり寝てました(笑)


今回の出張は、会議での研修と
新規オープンとなる保育室の採用面接です。

奈良の保育室それから、京都と大阪の境目にある病院で面接。

途中、パンを買い込み、銜えながらの移動(笑)


でも、面接にはたくさんの方が参加してくださいました。
今回は、中途さんの採用ということで、
みなさん、公立や私立の保育園の経験者。

口を揃えるかのように、

「少人数の保育室で、ひとりひとりのお子さんを
ゆったりとみてあげたい。」とおっしゃいます。

その気持ち、よ~~~くわかります。
私も何度そう思ったことか・・

ただ、少人数だからといってできるわけではありません。
どこにでも対人数というものが存在します。

児童福祉法による対人数は、
0歳3人に対して、保育者一人
1歳6人に対して、保育者一人
2歳6人に対して、保育者一人
3歳20人に対して、保育者ひとり
4歳以上は、30人に対して、保育者ひとりと決まっています。

ただ、この対人数で保育を行うのは、非常に大変です。
そこで、各園少しずつ、人数の加配を行っているわけです。

少人数の保育室だからのんびりできるだろうという考えで
就職されると、そのあとのギャップに・・

「こんなはずじゃなかった。」と感じる方が多いです。

認可外保育施設は、書類の作成もないと
思っている方も大勢いらっしゃいます。

私が、「カリキュラムの作成はもちろんありますよ。」というと、
「え~~」と・・・(笑)

認可園でも、認可外保育室でも、
お子さんをお預かりするというのは同じことです。

保育士さんは、どこでも
のんびりと仕事をしたいと思ってるんだな~と実感しました(笑)

私も、そう思いましたもの・・
でも、認可外保育室だからこそできることあります。

そこに魅力を感じる方に
ぜひ、勤めていただきたい!と思いながら
帰ってきました。


あ・・もちろん、おいしいものたくさん食べてきました♪
たくさん、歩いたのに、食べ過ぎたようで
しっかり太って帰ってきました。

おかしいな~
この1週間で戻さないと、また北海道がおいしいもの
たくさんありすぎます~~^^:

う~ん・・自分に厳しくできない・・(号泣)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2008-02-17 13:20 | お仕事ねた!

さぁ!出張の始まりです♪

明日から、奈良、大阪へ2泊3日でいってきます。

1週間あけて再来週は北海道~~~♪

その後もあちこちへの出張の予定があり、
家族には申し訳ないと思いつつ、
わくわくする自分がいます(汗)


でも、ほんと・・
特に母には思いっきり迷惑をかけています。

母がいるありがたさをひしひしと感じつつ、
働かせてもらえることに感謝しつつ・・
こどもたちが元気でいることに感謝しながら
楽しくお仕事してきます(笑)

ほんと・・ありがたい~~~~^^;
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2008-02-13 21:25 | お仕事ねた!

こどもたちの思いは昔も今もかわらない・・

3年前くらいの写真を探して欲しいと頼まれたので、昨夜、
写真や手紙の入っている箱をひっくり返してみていました。

・・・整理しなさい!という感じですよね(汗)・・・

その中に、10年以上前に勤めていた
保育園の園児や父兄からいただいた手紙がありました。

年長さんのたどたどしい字で・・

「いっぱいあそんでくれてありがとう」
「おりがみおしえてくれてありがとう」
「ピアノきれいにひいてくれてありがとう。
わたしもピアノをひけるようになりたいです。」
「いつもやさしくしてくれてありがとう。」
「かよちゃんわぼくのたからものです」

な~んて書いてあって・・
泣いたり笑ったり・・ひとり感慨にふけっていました。

その中にこんなカードがありました。

「かよちゃん、おさんぽのときに
いろいろなおはなししたよね。
とってもうれしかったよ。」

それに対してのお母さんのコメントが下に・・

「娘のコメントを読んで、
あ~、娘とゆっくりしゃべりながら
お散歩することなんてないな~と
仕事に追われる自分を振り返るきっかけを
いただきました。
これから、時間を作ってお散歩にいきたいと思います。」


こんなささいなことがこどもにとってはうれしい・・

どんなすばらしい行事をしても、
どんなにすてきなプレゼントをもらっても
それよりも、こどもたちにとって
必要なことは別なものなんだなって・・

仕事に追われる今、
私も初心に戻らせてもらったような気がします。

10年前のこどもたちも、
今のこどもたちも、なんら変わらない・・

変わったのは、社会なんですよね。

大切なもの、思い出させてもらった
こどもたちからのお手紙でした。

なんか、元気でちゃった(笑)

今日もこれから、張り切って仕事にいってきま~す♪
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2008-02-10 11:04 | 保育園ねた!

自治体の人もさまざま・・

お久しぶりです・・
寒いですね~~!

あ・・昨日、こうちゃんの
都立推薦発表でした。

(合格したときはすぐ書くくせに、
不合格の時には、書くのを忘れます・・)

こうちゃんは、前日から腹痛と吐き気、頭痛で
学校を休んでいたため、私が行くことにしたのですが、
当日、「おれもいく!」ということで
ふたりで言ってきました(笑)

結果は、桜まだつぼみ・・(笑)

面接のみの推薦試験では
突破できなかったということです。

でも、一般で同じ都立を受験します。
そこでは、こうちゃんの得意な学科が・・

(おれ、得意じゃないけど・・と後で言ってます)

よし!想定内です!
この推薦受験は練習練習♪

本番の一般に向けてがんばろう!お~~と
勢いよく帰ってきたものの・・

今日の朝からこうちゃんがしていたことと言えば・・

1.テレビをみる。
2.ビデオをみる。
3.パソコンを開く。
4.ピアノを弾く。
5.太鼓の達人をする。

そして・・今にいたる(爆)

えっと・・
脳のリラックスをしているようですね(笑)

勉強には結びついているかどうかわかりませんが、
前頭葉は、しっかり使っている様子(汗)

今は静かになったので、
もしかしたら、やってるかも・・(笑)

こういうとき、塾に行かせていたら
私の安心感は違っただろうなと思います。
(私のためということですね・・)

塾にもいってなければ、
家庭教師もついていないので、
こうちゃんがやる気にならない限り
どうにもなりません。

見ているほうは、どきどきします・・^^;

見ない見ない!!
私も仕事しよっ!(笑)



ここから、仕事の話ですが・・

今年に入ってから東京都近県の保育室に
ガンガン自治体の立ち入り調査が入っています。

私は、研修をするのも仕事ですが、
自治体監査に向けて、内部の調査をするのも仕事です。

もちろん、あちこちの保育室の監査に立ち会います。
(今現在、中部から北海道までで、90箇所くらいの
 保育室があります。手分けして回ります)


先日、ある自治体の監査中に、あったまに来ることがあったのですが、
そこは、大人ということで、
「なるほど、アドバイスありがとうございます。」と
笑顔で対応してきました(笑)

ただ・・たくさんの自治体の方とお会いするわけですよ。
その人によって、指示する内容が違うわけです。

「先日は、このように指導をうけたのですが」と話をすると、

「そうですか。でも、このようにしてください。」と
別の指示が飛んできます!


どうせいっちゅうねん!!!!!(怒)

というわけで、しばらく血圧のあがることの多いこの時期!


でも・・
自治体の方々も、ころころ変わる政策に
きっと戸惑っているのだろうと思います。

その中で、お子さんのために
心を鬼にして指導してくれているのだろう!と
とてもいい解釈をすることとして、
今後もがんばっていきます(号泣)

実際、監査の方も本当にやっているのか、
うそをついているのかという見極めは
難しいのだと思います。

さまざまな認可外保育施設いや、
認可園でも、死亡事故が起きているのは事実。

少しでも怪しいなと思えば、
それはそれは、重箱の隅をつつくのがお仕事でしょう。

怪しいと思われるのはこちらが悪いのでしょう。

誠意をみせよう!
うそはつかない!
現場の職員と本社の人間とで必死の対応が続きます(笑)

でも、いい方もたくさんいますし、
たくさんほめてくださる人もいらっしゃるんですよ。


認可園でもここまでできていないところは
たくさんありますよ。すばらしいですねと・・
孫がいたら、預けたいくらいですと・・

先日は、その保育室で、監査後に
保育室の職員と本社の人間とで
ばんざ~~い♪と喜びました。(笑)

こういう嬉しいこともあるからやめられません。


そういう愛情あふれる監査員の方には、不明なことがあるときに
電話をして相談にのっていただいています(笑)

(私、ちゃっかりしてます・・)


現場の人は、人手不足のときにも、
必死になってお子さんのために仕事をしています。

特に病院内保育室では、
夜勤もあるため、人手不足は深刻です。

帳票類が後回しになってしまうこともあります。
(認可園でもありましたから・・笑)

そこは、本社が謝罪することとして、
これからも、がんばってきます♪

えいえいお~~~~~♪
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2008-02-02 16:00 | 我が家ねた!