にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

我が家のルール♪

私は、相当甘い親です♪

これは、自他共に認める事実でして・・・
いけないな・・と思いつつも「かわいさ余ってまだかわいい・・・」
親ばかの代表です!!!><;

そんな我が家でも一応ルールがあります。

家族が家族として生活するためにはルールが必要です。

私には私の、母には母の、娘には娘の、息子には息子の生活リズムがあります。
そして、それは自分で決めたいと思うんです。

夜更かししたい!早起きしたい!今はこれがやりたい!
これをやってからでかけたい!

こういう思いを尊重しながらも、家族のことを考えるのが最低のルールということになってます。


居心地のいい家をつくるためには、「娘のために」とか「息子のために」とかではなく
「自分にとっても安らげる家」が理想です♪

(ただのわがままともいいますが・・・・><;)

そこで、脱いだものは洗濯機に入れるとか、食べ終わった食器は自分で片付けるとか
出かけるときには、電気、ガス、エアコン、鍵など自分できちんとみるとか・・・
(ほんと、あたりまえのことばかりですが・・・・・)

そしてもうひとつ重大なことがあります^^

お風呂!!!
お風呂に入るのは面倒なことがあります。
でも、そのまま寝たくないので私たち大人は自分で入る時間を決めて入ります。

そして、なかなか入らない子供たち!

以前は、9時までには入ろう!というルールがありました。

しかし、これが段々守られなくなりました。ふぅ・・・・

そこで、話し合いをして改善!!

私たち大人は、どうしてこどもに早く入って欲しいのかといえば、その後ガスの元栓をしめたり、換気したり、お風呂のお湯の始末があったりするわけです。
さらに、うちは夜洗濯機を回します。すると、洗剤を入れて・・・などなど・・
いろいろと(ささやかですが・・)やることがあるわけです。

疲れているときなど早く寝たい!だから早くお風呂に入って欲しい!となります。

でも、よく考えてみれば、これは、私たち大人の都合です。

というわけで、「最後に入った人がお風呂の始末と洗濯機を回すこと」を決めました。

それなら、ゆっくり最後に入ってもらってもかまわない!
私も「おさきに~」と眠ることができます^^

その時には、「え~~?」と言っていた息子!

しかし、次の朝、冷蔵庫をみるとあたらしいメモが張ってありました。

「お風呂に最後に入るときにすること!」
「ガスの元栓をしめる」
「窓をあけて換気する」
「洗濯機をまわす」


などなど・・・と私に言われたことを箇条書きにしてありました。

この字は息子です^^

おもしろいですね~~!!
そして、はじめて先日お風呂に最後に入りました。

ちゃんと、後始末も洗濯もできていました。

「家族のルールを守れてるね。」と言いました。

すると嬉しそうに「でしょう♪」と息子!!

あまい馬鹿親ですが・・・こどもたちは素直に育ってくれています。
ほんと、そんなこどもたちに感謝なんです。

また、ルールが守られなくなったら、そのときにあらたな作戦を考えます♪
まるで知恵比べですね^^

みなさんはどうされていますか?家族のルール!!!
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-30 23:37 | 我が家ねた!

興奮状態の男の子!

夕方の遅番の時間帯、最近は暗くなるのが早いので室内遊びが増えます。

この時間帯の怪我が多いので、遅番は特に注意が必要となるわけですが、
やっぱり静かな遊びをしている子には怪我はありません。

室内で走ったり暴れたりする子が他の子にあたったり、
よけるつもりが机などにあたったりして怪我をすることが多いので
室内では走らないようにとか、暴れないようにとか注意しなくてはなりません。

あまり言いたくないのですが、仕方ありません。

昨日は、興奮気味の男の子が、「マジレンジャー」になっているのでしょう。
戦いながら走っていました。

2回ほど、「走ったり暴れたりすると部屋には他の子もいるからぶつかったりして怪我をするんだよ。部屋の中ではやめようね。」と話しました。

もちろん、その子も悪気があるわけではありません。
「うん!わかった!」といいながらも一分後には同じ遊びに戻っているのです。

仕方ありません。最終手段にでることにしました。

こういうこどもたちが悪いとか言うのではありません。
遊んでいる中で次第に興奮状態になってしまうのです。

そこで、それを落ち着かせるためには、じっとさせるに限ります。

その男の子のひとり(一番はでに走っていました)をひざに抱き寄せ
「しばらく、ここにいて!」と言いました。

でも、もちろん抵抗します。
「もうしないから~」とか「はなしてよ~」といいながら私の腕の中で暴れます。

そこで、「叱っているんじゃないからね。落ち着いたら離すよ。今は体の中が暴れたくて仕方なくなっているから、少しだけこうやってじっとしているの。そうすると落ち着くよ。」といいます。

しばらく、抵抗していたものの、2分後くらい・・?ようやく静かになりました。
私の膝の上で、は~は~と荒い呼吸をしながら動かなくなりました。

そのまま「じゃ、50数えるね。」と数え始めました。

静かに数えます。男の子も静かに聴いています。

「はい!50!」といって手を離しました。

それでも、その子は動きません。

「遊んでおいで!もう大丈夫!!」と言いました。

今度は、だかれているのが心地よくなったのでしょう。
しばらく、膝の上から動きませんでした。

でも、そのうち、友達のところへもどっていきました。

それから帰るまで約50分!
男の子は静かにブロックや積み木、お人形遊びなどをして過ごしました♪

体があばれまわりモードになっている子に口で説明して、理屈ではわかってもその通りにはいきません。

家でもそうだとは思いますが、「いけない!」と思っていてもやってしまうんです。

そういうときには、「やめなさい!」といくらいっても無駄です。
叱っているこちらがいらいらしてしまいます。

でも、落ち着くという状態に少し強引でももっていくとその後は本当におちついて遊べます。

ぜひ、おうちでもやってみてください♪

でも、怒りながらやったのでは意味がありません。

怒っているんじゃないんだよ。ということはきちんと伝えないと罰だと思ってしまいます。
(と私は思います!!)

走り回るのがいけないのではなく、今は人がたくさんいて危ないからやめさせたいわけです。

なにかするときに「先生に怒られたから」というのではなく、「走ると危ないから」ということを理解してくれるといいなと思いながらいつも保育をしています。

時と場所をきちんとわきまえてほしいとは思うんです。
でも、叱らなくてもわかってくれます。

根気がいりますが、叱っていう事を聞かせるよりはよっぽど効果がありますよ。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-29 21:44 | 保育園ねた!

エアガンの改造??

世の中いろいろなことがありますね!!

エアガンの改造って・・・
する人は、なにをしたいんでしょう。

人を殺傷したいのでしょうか?

それとも、そういうテレビや映画の主人公にあこがれているのでしょうか?

それとも、自分の力を誇示したいのでしょうか?

最近、頻繁に起きている車への射撃をニュースで見るたびに、
なにをしたいのかなぁ?と思います!!

そして、その改造のための部品を売る人!

もとをたどれば、そういうことがあるために買う人がいる。
いや、買う人がいるから作る人がいるのかなぁ?

なんていろいろ考えながらニュースをみていました。

射撃はしてみたいと思います。

でも、的をうつものです。

犯罪行為とわかっていて行う人の心中は、「スリル」なんでしょうか?

ほかに人を注目させられる自分をもっていないのかなぁ?
さみしいのかなぁ?なんて思います。

今、息子は家でフルートの練習中!
まだまだです。

でも、吹き方はなかなかさまになってきました。

熱中できるものがあるっていいですよね。

そして、それを認めてくれる人がいて、また頑張ろうと思う。

小さいうちは、こういう体験を沢山してもらいたいと思います。

そうしたら、こういう意味のない犯罪はなくなっていくのではないかぁ?と思うのですが・・・

今日は、ほのぼのではなく・・・さつばつ日記となりました。

ふぅ・・・・^^;
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-28 21:26 | 世の中ねた!

成長♪

うちは、親の背が低い為、こどもたちもなかなか伸び悩みを見せているのですが、
でも、親は抜いてくれるだろう・・・とかなり期待しています♪

そんな中!娘は私をすこしばかり追い抜きました。^^

「おさきに〜」と娘!!

「おめでとう〜♪」と私!!

しかし、息子は男の子と言う事でまだまだ成長期ではないのでしょう。
うちの母(149センチくらい?)と競っていました。^^

ところが、今日の夕飯後、並んだふたりを見るとどうみても息子の方が大きい!!

「こうちゃ〜ん!おばあちゃんより大きくなってるよ!」というと
「え?え?ほんと?やった〜〜」とガッツポーズ♪

「え〜〜〜〜」とおばあちゃん!

うちの中で一番小さくなる事にひどく抵抗しています^^

でも、現実は現実です!!

「じゃ、ふたりともならんで〜〜♪やっぱりこうちゃんの方が大きいです!」というと

「仕方ないわね!それじゃ、追い抜く時のあいさつは?」と母・・・

「あっそうか!それじゃ、おさきに失礼します^^」

訳わかりませんが、追い抜く時には、ちゃんと挨拶してってね!という
母の指示が以前からありました♪

そして、今日、達成♪

おめでとう〜〜♪こうちゃ〜〜ん!!

「もしかしておばあちゃんが縮んだのでは?」という噂もありますが・・・
ま、いいことにしましょう♪
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-27 19:28 | 我が家ねた!

明日はリハーサル1

運動会のシーズンです。

明日は一回目のリハーサルとなります。

今年から、いつも借りている小学校でのリハーサルができなくなったので
保育園のせまい園庭でのリハとなります。

私達フリー職員は緊張感でいっぱいです。

というのも、音響、ラインひき、道具の配置などが一発勝負となるからです。

もちろん、子供達も戸惑うでしょう。
せまい園庭では、かけっこもままなりません。

リレーをしたい年長さんは、練習のために近くの公園まででかけます。

公園での運動会を考えた事もあったようですが
公園はかしてくれません。

小学校の門もどんどんと狭められ・・・
運動会のやり方も考えなくてはならなくなりました。

しかし、どんなやり方にしても場所がなくては・・・

地域の方々のお力を借りて、どうにかならないか
これから、いろいろと交渉を始めるつもりです。

さ、今年は一発勝負にむけて私達もがんばります!!!^^

こどもたち、そして保護者のかたが楽しみにしている運動会ですから!!
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-26 20:28 | 保育園ねた!

友人との会話で感じたこと!

友人としゃべっていたときのこと!

ショックなことがあったと彼女は言ってました。

こどもから「おかあさんやおばあちゃんが期待しているから
やめたいなんて言えなかった。」と言われたそうです。

友人は、「期待しているなんて言ったことないよ。」と言いました。

でも、こどもはそう感じていた。


ただのいい訳かもしれません。
でも、なんらかの思いは感じ取ったのでしょう。

私たち親は、こどもにいろいろなメッセージを与えているようです。

「すごいね~よくやったね~」からでも

「次もがんばらなくっちゃ!期待してくれてる」と思うかもしれません。

「このごろ、休まないで行ってるみたいね。」の一言でも

「休みたくてもだめだ。ちゃんと行かなくっちゃ!」と感じるかもしれません。

言葉で言わなくても、態度で示していなくても、気をつけていても・・・
無言のプレッシャーというものでしょうか?

こどもは大人の反応をじ~と観察しているんだね~!
大人の無意識にでている感情も読み取っちゃうんだね~!
気をつけなくっちゃいけないね~!とお互い話しました。

こどもの観察力には驚かされまっす!!!!!
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-25 16:19 | 我が家ねた!

こんな喧嘩がありました!

今日は、4歳児さんの喧嘩についてとりあげたいと思います!

女の子の喧嘩でした。

どちらが悪いとひとことでは言えません。
この場合、喧嘩両成敗かな?なんて思って聞いていました。

叩きあいになり、ひとりのこが泣き出しました。
(私が間にいたので、ふたりとも不完全燃焼・・・・・)

すると・・そばにいた子が「○ちゃんかわいそう~」といったんです。
(○ちゃんは喧嘩して泣いていた子です。)

私は、喧嘩を中断して泣いているその子達よりも、そばにいた子に話しかけました。

私「どうして、○ちゃんはかわいそうなの?」

そばにいた子「だって、泣いてるから・・・」

私「泣いてるとかわいそうだと思うの?」

そばにいた子「うん」

私「じゃ、泣いていない子はかわいそうじゃない?」

そばにいた子「うん!」


その子は、さっき、同じように喧嘩をしていました。
そのときに相手の子が泣きました。
その子は泣きませんでした。

私「さっき、あなたは悪くなかったように見えたけど、相手の子は泣いちゃったよね。
あのときは、どう思ったの?」

そばにいた子「かわいそうだと思った」


これは、おかしいと思いました。

自分が悪くないはずなのに、相手の子が泣いてしまう。
本当は謝る必要がないのに、泣いた子はかわいそうだから謝る。

なんだか、違います。

私「私はそうは思わないな!あなたは間違ったこと言ってないし、逆に泣かれてしまってかわいそうだな~!悪いと思ってるんだろうな~!かわいそうだな!って思ったよ。」と言いました。

すると、その子は、
「だって、お母さんが泣いている子がかわいそう!って言うよ。」といいます。

このくらいのこども達には、ことばの意味を伝えるのがとても難しいです。
でも、あえて言いました。

「泣いている子をかわいそうと思うことは大切なコトだっていう事をお母さんは言いたかったのかもしれないね。でも、じゃ、泣いていない人はかわいそうじゃない!っていうことじゃないと思うよ。さっき、あなたも泣いていなかったよね。でも、あなたもつらかったの私は知ってるよ。」

すると、「うん!そうだね。」と言ってくれました。(伝わったかなぁ?)

そうしているうちに、先ほど喧嘩をしていたふたりが「ごめんね!」「ごめんね!」なんて謝りあっています。ふたりともお互いに悪いところがあったと認めたのでしょう。


でも、この「ごめんね」にも考えさせられることがあります。

「ごめんね」といえばいいと思っているようです。

そして、同じコトを繰り返すのは「ごめんなさい」ではありません。

「ごめんなさい」じゃないことばを考えなくちゃ!と思います。

つい、私たちが「謝りなさい!」「ごめんなさいは?」という上から言う言葉は意味がないんですよね。悪いと思って自然とでるのが「ごめんなさい!」だと思いませんか?

どういう言葉にしようかしら?
みんなで考えてみたいと思います!!!^^
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-24 21:34 | 保育園ねた!

娘からの話!

娘が昼食後、いきなり言い始めました。

「おかあさん!親友ってどういうことだと思う?」

「・・・・・・・・・・・・・」

これは、難しい問題です。

中学に入りたてのころもこんなこと言っていたような気がします。

親友ということばに忠実なつきあいをしたい。
でも、いやなところもある!
他の子がいいときもある!

私が親友と思っても相手が思っていなかったら親友じゃないでしょう〜。


とこんなことを考えているのでしょう。

私にだってわかりません。

とにかく、こういいました。

「親友って決めなくてもいいんだと思うよ。」

たとえば、人に紹介するときに使う言葉のような気がするんです。
友達よりは上!「一番の仲良し!」

私も今までに何人親友と信じた人がいたことでしょう。

学校がかわり、職場が変わり、引っ越しをし、結婚し・・・
こどもを産み・・・と様々な環境でつきあう人は変わります。



結局のところ、その時、その時に、いつでも相談できる一番じぶんのことを分かってくれる人が親友という位置付けなのですよね。

でも、それでは娘への解答にはなりません。

う〜〜〜〜んと考えました。

そして、言葉の話をしました。

「たとえば、映画を見に行ったとするよね。すごく感動的な映画で友達に伝えたい。でも、BGMだったり、その時の映像だったりを言葉で表現しようとしてもできないでしょう。」

「できない!!」

「親友だって、ひとくくりにはできないんだよ。言葉にして説明しようとすると、こじつけなくっちゃならなくなる。本当の親友って、言葉にはできない目に見えない、なんとなく感じ合うものかもしれないね。・・・・・親友と言ったって、嫌いな時もあって、疎遠なこともあって、でもまた会いたくなるという関係もあるし、気がすごくあって、いつも一緒にいたい人もいるだろうし!親友なのかどうか?を気にするよりも、自分はなんだかわからないけど、あの子といるとすごく楽しいな!とか、あの子には話を聞いてもらいたいな!とかあの子が困っていたら、どうにか助けたいな!とか、なんか一緒にいても気が楽!なんていうあなたの直感を信じていいと思うよ。
そういうすてきなつきあいを続けているうちに、あとで振り返ったら、あ〜あの子は私の親友だったんだな〜なんて思うかもしれないね。」

なんていいながら、私も中学生のころをちょっと思い出してみました。

私の方が娘よりよっぽどこだわっていました。

親友!恋人!彼氏!仲間!・・・・・・
こういうグループ?に所属していないとおいていかれているような気がしたんでしょう。

娘も今、こういう年頃です。

でも、私よりも聡明な娘は(?)
「なんか、どうでもよくなっちゃった!^^」と言いました♪

「ま、結構悩んでいるいろんなことってどうでもいいよね〜♪」と私!!

これでよかったのかはわかりませんが、私にとっても考えさせられる楽しい一時でした。こんなに簡単に書いているのですが、実は相当話していたので、もっとた〜〜〜〜くさんの会話がありました。

お伝えできずに残念ですが、実はもう半分以上忘れているし・・・・汗
今度は録音が必要ですね^^
(娘の許可をもらってから・・・・・♪にします!!!)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-23 21:27 | 我が家ねた!

こどものいるしあわせ♪

私はふたりのこどもがいるので、母になり、親になった今、
たくさん~~のしあわせをもらっています。

こんなことでしあわせを感じてしまう!
昨日の出来事、ちょっと書いて見ます^^

(ただの親ばかですが・・・・)

昨日私は、早番でした。

6:30には家をでます。

息子は最近、6:30に起きるようにしています。

「早寝早起きしようと思ってさ~」とのことだそうです^^

昨日の朝は、さ、そろそろでかけよう!と思ったときに
息子が起きてきました。

そして、「たまには見送ってあげるよ。」と玄関先まで来てくれました。

息子「今日も、がんばってね~!いってらっしゃ~い!!」

私「うるうる・・・・・ww」

これだけです^^


でも、この行為がどれだけ私のパワーになったことか・・・!!

息子はなにを考えていたのか知りませんが、
こういうのを無償の愛というのだよな~とちょいと思いました(大げさ・・・・)

そして、同時に反省もしました。

私は、こどもが学校にでかけるより早く家をでることが多く、
なかなか見送ることができない日々でした。

息子は、見送って欲しい・・・と思っていたのかもしれません。

そんなこと思っていないかもしれませんが、私にはそういうメッセージに聞こえました。


そこで、今日の祭日は、部活に行くこどもたちをお見送り♪

「いってらっしゃ~い♪たのしんでおいで~^^」

息子は、にっこり笑って「行って来るね~♪」

あ~~!!なんとしあわせなんでしょう。

掃除も洗濯もトイレ掃除も、うきうきとできました♪

自分の単純な性格をありがたいと思った瞬間でした。
あはは~~~!!!

(あほか?と思われているみなさん!!ささやかなしあわせ感じてますか~♪)
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-23 09:09 | 我が家ねた!

夕飯はこどもたちとが嬉しい♪

久しぶりに早く帰ってくることができました。^^

こどもたちと夕飯を一緒にするのは、土日以外なかなかありません。

うちは、母と同居しているので、こどもたちのご飯の心配はありませんが、
会話が減り、さみしい毎日でした。

土日は、学校に行っていないので学校の話にはなりません。

やはり、平日!
学校でなにかがあった日、こどもたちは話をしたいと思うようです。

そのタイミングで
「ただいま~」というこどもを「おかえり~」と迎えてあげられるとき、
こどもたちは嬉しそうに「あっ、お母さん早いね」と言ってくれます。^^

そして、今夜は珍しく娘が学校の話を始めました。

「今日、となりのクラスが少し荒れててさ、大変だったんだよ~」という話から
先生ひとりひとりの話!担任の先生の話!と話はふくらみ、部活の話まで盛り上がりました♪

担任の先生はとにかく熱心な先生で、毎日「学級通信」と称しては、
その日にあったことを細かく伝えてくれます。

でも、そういう先生はこどもには面倒くさいものなんですね。

「だってさぁ~、朝の読書の時間とかに、机の横にきてさ、話しかけるんだよ~」
「それも、机の脇にしゃがみこんで、顔を覗き込むようにしてさ~・・・・・・うざい・・・」(笑)

私「先生もこどもと目線を同じにして仲良くしたいと思ってるんだよ。」というと
娘「でも、あの笑顔がさ~・・・・笑いすぎ!!ひくよ・・・」とは・・・

先生がお気の毒に思えますが、でも、口で言うほど嫌いではないようです^^


夕飯が終わってもしばらく話は続きました。

夜、会っても、子供たちはそれぞれのことをしていてなかなか話は盛り上がりません。

やっぱり、夕飯時が一番だなぁ~♪と思った夜でした。

みなさん!夕飯一緒に食べてますか?

大きくなったからこそ!このひと時が大事かもしれません。
あれこれ聞くとうるさがるだけで話してくれません。

やはり、話したいときにいてあげたいですよね!!!

もっと、早く帰ってこられればな~とつくづく思いました。ふぅ・・・・

なかなか難しいです!!!
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-09-21 20:35 | 我が家ねた!