にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

足のつめをかむので、つめきりが不要なくらいです。

これは、3才のお子さんをもつお母さんから相談された内容です。

保育園でもたまに爪をかんでいるところを見た事があるので、
気にはなっていました。

そこで、爪を噛む時はどんな時?と観察してみました。

1、やりたい遊びがないとき!
2、つかれてぼーっとしているとき!
3、あまり楽しくないとき!

こんな感じでしょうか。

ということは、この子が集中できる遊びを提供してあげることが必要になります。
電車が好き!車が好き!なんていう場合、集団の場ではなかなかひとりじめすることは難しいのですが、この年頃は、「さんま」が必要と言われます。

1、仲間
2、空間
3、時間

ひとりでじっくり遊びたい時に、周りの子がおもちゃを取りに来たり、
遊びを壊されてしまっては、集中して遊べません。
また、友達と遊びたい時に、うまく友達の中に入れなければそれも叶いません。
もっと、遊びたかったのに、お片付けになっちゃった・・・これもそうですよね。

そう考えると、私達の保育にも問題がありそうです。

1人でじっくり遊んでいる時にはその空間を確保してあげること!
遊びがみつからなそうな時にはその子にあったおもちゃが揃っているか確認すること!
仲間と遊びたそうな時には、一緒に入って遊んでみる事!
少し、お片付けが遅くなっても本人が満足するまで待ってあげる事
(まぁ、すべて可能な限りしかできませんが・・・・)

遊び込め、友達との遊び方も克服していった今では、爪噛みを全くみなくなりました。

しかし、お家ではテレビを見ている時に爪をかんでいるとのこと!
このテレビはなにに関してもくせものですよね!!><

テレビを見る時にはひとりで長時間みせるのではなく、一緒にテレビの話題について話ながら、楽しく見ることができるといいだろうなぁと思います!!
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-05-29 10:06 | 保育園ねた!

年中になってまたおねしょをするようになったんです。

「3才くらいの時は全くおねしょをしなかったのに、年中になってからは二日に一度おねしょをしてしまいます!なんででしょう!」と聞かれました。

その時、お子さんは側にいました。
話を聞いている様子です。

おねしょはやめようと思ってやめられるものではありません。
水分を控えたし、寝る前にトイレに行った。といってしないものでもありません。

でも、一度はしなかったんですから、からだの問題ではなさそうです。

そう考えると、何か心理的にあるのかな?と私は思います。

季節の変わり目や、急に寒くなった時、うちの子供達もぽつんと
おねしょをすることがありました。
「急に寒くなったからね〜!」でいいと思うんですけれど
ついつい、「大きくなったのに、なんでおねしょするの?」
なんて責めてしまったりします。

やはり、ここは「気持ち悪かったでしょう。でも大丈夫。そのうちおねしょなんてしなくなるから!!」くらいの気持ちでいた方がよさそうです。(ぐっとこらえて・・)

仕事をしているお母さんにとって洗濯物が増える事はなにかと
面倒臭い事ではありますが、長引かせない為にもできるだけ
責めないで欲しいと思います。

おねしょをしてしまっている本人が一番、その事実にへこんでいると思いますよ。
そして、おねしょをしなくなった時、自立の気持ちが芽生えるはずです。
ゆっくり待ってあげませんか!!^^
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-05-29 09:55 | 保育園ねた!

上の子がかわいく思えないんです!

この相談をうけたお宅は、2姉妹とパパ、ママの4人家族です!

上の子は4,5歳かな?下の子は、1,2歳とあって、ま、下の子はかわいい盛り?
上の女の子は、ママの愛情を獲得するべく、必死で抵抗しています。

このくらいの年頃は、まだ自分の気持ちを表せないため
それはそれは、泣いたり、怒ったり、素直にならなかったりという
反抗的な態度にでます。

すると、ママは
「もう!いい加減にしなさい~~!」「うるさいわね」となってしまいます!

このママの気持ちもよくわかる!

でも、ママに「こっちをむいて」と言っているだけのような気がします。

ママが「かわいくない」と思っていることを
娘は敏感に察知します!そして「私をみて!」行動にでるのでは・・・・

じゃ、どうしたらいいか?というと、かわいくないな!と思う子を存分にかわいがってあげること!
すると、いつのまにか「私のことも好きなんだ!」「ママは私のことみてくれてる」という
安心感がこどもにうまれ、無理な抵抗や反抗をしないで済むのだと思います。

すると、こどもって態度がかわりますよ!
かわいがった分だけ、かわいくなります!
本当に、これはぜひお試しくださいね!!

兄弟がいると必ずどちらかと比較してしまいがち、
私もよくやりました・・・・(汗)
バランスは難しいですが、親に愛されている自覚がある子はそういう時も
耐えていけます。きっと!!!

だまされたと思って一度、試してみませんか?
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-05-25 12:27 | 保育園ねた!

親友がいないという友達がいて困ってます

若者は・・(何歳だろう??)親友という響きにあこがれる年代ですよね~!
ま、大人でも親友がいないと悩む人は多いんでしょうが・・!!

でも、親友がいない人って結構多いんじゃないかと思います!!
きっと・・・・・まわりに友達がたくさんいるのに
「私って親友がいないのよね~」という人も多いですよね~!

そして、相談されたからといって
「じゃ、親友になってあげようか?」という問題でもない!!

いろんなことを経験しているうちに助け助けられて
いつのまにか「こういう友達が親友なんだなぁ」と思うのかな?と私は思います!

かくいう私もたくさんの親友がいるわけではないし、
なおかつ、「あなたって私の親友?」と聞くわけにもいかない(笑)
なので、私の一人合点で「あたしの親友はあの人かな?」なんて考えてます!!

親友という言葉にしばられないでもいいのでは?
友達がいれば十分!その友達を大切にしていれば、きっといつの日か・・・・

なんて、私の主観で書いてみました・・あしからず・・・・・
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-05-23 09:19

「いやだいやだ」ばかりで困ってます

これは、職場で相談された内容です。
2歳前後から「やだやだ」期に突入したMくんは、なにかあるごとに「いやだ!」を連発!

日常の生活の中で、なにかあるたびに
「やだ!やってよ!」
「じゃ、やってあげるよ!」というと
「やったらやだ~~~~~」

「・・・・・・・・」
ご両親ともに、いい加減頭にきて「いい加減にしろ!」となります。

この気持ちよ~くわかります!
この年頃は自分でやりたくてもできなくて本人もいらいら・・・なんですよね。

以前本で読んだのですが、こどもが「やって~~」という場合!
翻訳すると?
「自分でやりたいけどできないからやってよ~」になるそうです。

この年頃ではそんなこと言えないので、省略して「やって~」

でも、本当は自分でやりたいわけです。でも、まだ指の動きも未発達!
やりたいことができない自分にいらいらし、またわかってもらえないことにいらいら・・・

なので、「本当は自分でやりたいんだね。きっと、もうすぐできるようになるから大丈夫!じゃ、今日は一緒にやってみようか。」という声掛けが有効だそうですよ。

もちろん、眠かったり不安定だったりした場合、うまくいかないこともあると思いますし
それ以上に、ここまで余裕をもって接することができないことありますよね。

でも、そういう気持ちなのかな?と思うだけで少しゆとりがでると思いませんか?
とお話しました。
こどもの気持ちって本当に奥が深い!!!ですよね。
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-05-22 16:10 | 保育園ねた!