にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:世の中ねた!( 113 )

バイリンガル

今日、電車に乗っていたら親子連れが乗車して
私の座席の前に立ったんです。

お父さんはアメリカ人かな?
たぶんお母さんは日本人。
(おかあさんかどうかはわかりませんが・・)
それにかわいいハーフらしき男の子・・
3歳くらいかな~~!

子どもは座りたかったのでしょうね。
「ダディ~~~」と甘えながら
お父さんに寄り掛かったり、
お父さんの腕に絡まったりしていました。

譲るべきか?・・と思っていたら
次の駅で、私の隣の人が電車を降りたんです。

すぐに座ろうとする男の子。
でも、お父さんはすぐに
「NO!!!!!NO!!!NO!」と
座ろうとする子どもを引きもどします。

子どもは座りたそうに抵抗しますが
お父さんは「NO!」
そこでお母さん・・
「もうすぐ着くから立ちなさい!」

お~~~~!!
これが外国人の子育てなのか!

いやいや、そういえば、
保育園のお父さんもそういう人いたな~!
「座席には体の弱い人や女の人が座るんだよ」なんて
息子さんに話していたことを思い出しました。

でも、普段からそういう子育てをしているのでしょうね。
その子は、駄々をこねることはなく、諦めました。

降りる直前・・
携帯をチェックして「大変!」とつぶやいたお母さんの
声を聞いて・・
子どもが言いました。

「なにが大変なの?」

お~~~!!!
日本語も堪能!
こうやって身近に英語や日本語があふれていると
自然と両方使えるようになるのでしょうね。

英会話教室とは違う
生活の中の母国語について
考えさせられる車中でした。


[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-08-30 23:49 | 世の中ねた!

名古屋モーニング おそるべし・・

この数か月、名古屋出張が多く
週に1回は名古屋で過ごす生活をしています。

その中で、はじめての体験・・
名古屋モーニング!!!

東京でモーニングといえば・・
トーストやサンドイッチ、ホットドックや和定食など・・
いくつかの種類があって、そこから選ぶ形ですよね。

名古屋はちが~~~~う!

私はその日、コーヒーを飲もうと思ってカフェに寄ったんです。
当然のごとく・・

「ブレンドお願いします」と注文しました。
すると・・

「モーニングはどれになさいますか?」

「はい?」です。
別にモーニングは頼んでいないわけですから・・

そのときは、同行していた人が
「じゃ、①を・・」とモーニングを当然のように頼むので
私も・・

「えっと!じゃ、③でお願いします」・・(笑)


どうやら、名古屋のモーニングは無料なのです。
コーヒーを頼むとモーニングがついてくる!

なんとも不思議な話ですが・・
名古屋在住の方に伺うと、当たり前の話だと・・
名古屋では、おまけがついてこないとコーヒーを頼まないとか・・

お~~~!モーニングはおまけなのか~~~!!
それ以外の時間帯もクッキーやお豆など
必ずなにかついてくるそうです。

地域によっていろいろと違うわけですね。
あらたな名古屋の魅力を発見いたしました(笑)

みなさんもぜひ、名古屋モーニングを~~~~!!

[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-06-14 11:33 | 世の中ねた!

避難訓練

私の保育士人生は15年です。
避難訓練を毎月1回行うとして・・トータル180回
避難訓練をしている計算になります。

しかし、自分が若かりし頃の避難訓練はどれほど
訓練のための訓練になっていたことか・・

避難訓練の意味がよ~くわかるようになった
今となっては、本番さながらでなければ意味がないことが
よくわかります。

でも、若い頃は単なる業務のひとつに過ぎなかった。

現場では、震度3ではなく、震度5か6を想定した
避難訓練を行っています。
室内のガラスが割れている。
延長の時間帯に保育者の人数が少ない。
園長不在の時間帯・・
お昼寝中にどうやってこどもたちを守るか。

娘も保育士です。
先日、2時台に東京でも大きめの地震がありました。

その日の様子を夜聞いてみたところ・・
2歳児クラスの子どもたちは熟睡中で
誰も起きなかったと言っていました。

さぁ、実際に建物から避難しなければならなかったとしたら
どうやって熟睡中の子どもたちを避難させる?
娘とふたりで自宅で議論しました(笑)

完璧な解決策はもちろんでませんが、
いろいろな時間帯やいろいろなシチュエーションで
訓練することの大切さに
娘も気づいたと思います。

遠足の最中にあるかもしれないよね。
そうだね。プールに入っているときだって可能性はあるよね。
地震は待ってくれない・・
いつなんどき起こるかわからないのが地震です。

訓練のための訓練にならないように
肝に銘じておきたいですね。

[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-05-31 20:34 | 世の中ねた!

なにもしていない母ですが・・

今日は、母の日だったのですね~。
保育園で働いていたころは、季節の行事に敏感でしたが
現場から離れると疎くなるものですね。

なんとも・・情けない・・

そんな中、子どもたちから「いつもありがとう」と
ケーキをもらいました。
嬉しいけれど、なんだか不思議な気分です(笑)

大きくなったな~!
もう、私の手を離れたな~!
わたし・・母としての仕事なんてしていないな~。
あとは何をしてあげられるのかな~。
そんな気分です(笑)

ここまで必死で働いてなんとか子どもたちを
養ってきた・・
私がやってきたことといえば、そのくらい・・

元気ですくすく一人前?に育ってくれたことに
感謝するのは私のほうです。

たぶん、私は仕事人間です。
やり始めると夢中になってしまう。
お金を稼ぐためとはいえ、ずっと、こどもたちには
さみしい思いをさせてきただろうな~なんて
いまさらながらに思ったりして。

そういう意味では、
ここまで好きなことをさせてもらってきたんです。

私のほうこそ・・ありがとう。

いまだに、「早くお風呂にはいりなさい」とか
「部屋をきれいにしなさい」とか・・
お小言を言って、喧嘩になることもあるけれど(笑)
君たちがいるからお母さんは頑張れたよ!

本当にありがとうね。

そんな母の日・・
今、QWEENの曲を聴きながら、この日記を書いています。(笑)
何度聞いても飽きないんだよな~!

やっぱりQWEEN最高!!あはは・・



[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-05-10 19:51 | 世の中ねた!

サクラサク・・

桜の咲く季節となりました。
まだ、朝晩は寒いくらいですが、日中はコートがいらないくらいですね。

卒園・入園の時期・・
現場は準備に大忙しですが、参加者にとっては
一生に一度の大切な催しですね。

娘も保育園に勤め始めて早二年が過ぎようとしています。
さすがに疲れているようですが、そこは若さですね。
ちゃんと友達と遊ぶスケジュールは入れています(笑)

ほんと、若い・・

私はといえば・・
体を労りつつほどほどにストレス発散。(笑)

年齢なりの乗り切り方があるのよね~などと
ひとりつぶやいております。

春は、お誘いが多い時期。
保育業界は大忙しですが、暖かくなってきて
「そろそろ会おうか~」なんていう連絡もちらほら・・

もう、無理は効きませんが・・
その分、いつ何が起こるかもわかりません。(笑)

せっかくのご縁です。
無理のない範囲でお会いしたいと思っています。

桜を見ながら、思い出を振り返るいい季節ですね。
忙しいけれど、発散も必要。

この3月、4月の忙しさを楽しく乗り越えられるように
プライベートも充実させていきたいと思います。

桜って、やっぱりすてきな花ですね。
日本人でよかった^^


[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-03-28 23:39 | 世の中ねた!

お箸がなかったらどうする?

聞いた話です。

新幹線で駅弁を食べようとした知人!
開いてみたらお箸がなかった。

みなさんだったらどうしますか?


知人は、翌日が健康診断だったため
夜9時までに食事を終える必要がありました。
さぁ、まもなく9時になります。

考えた末、手づかみで食べることにしたそうです。

駅弁は「牛タン弁当」
おにぎり弁当でもサンドイッチでもありません。

まぁ、インドの人?は、カレーを手づかみで食べますね。
文化や伝統というものは、異国の人にはわからないものです。

しか~し、同じ日本人!!!
聞いたときには、おなかを抱えて笑いましたが
本人は真剣そのもの。

もしも、新幹線で、こういう人をみかけたら
ものすごく驚くかもしれませんが・・(笑)
それは、私の知人かもしれません。

どうぞ、温かく見守ってあげてくださいませ。^^



[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-02-07 20:04 | 世の中ねた!

昔と今 働き方の違い

いきなりのタイトルですよね(笑)

そもそも、管理人たまは話がよく跳びます。
頭の中で考えている続きから話してしまうとか・・^^;

あまり自慢できることではありませんね。わはは・・

では・・本題に。^^
週休二日制なんていうシステムのない時代。
人はそれが普通の暮らしだと思っていました。

しかし、週休二日制が定着した今・・
週休一日で働いている人は「理不尽」だと
感じているかもしれません。

「労働者の権利」と声を大きくして叫べる時代になり・・
それはそれで労働者にとっては
働きやすい時代になったとも言えます。

残業を減らそう!
それも、嬉しい現象です。

でも・・なんか違うんだよな~!
最近よくそう感じるんです。


「労働者の権利」と「労働者の義務」
両方揃っている必要があると思うんです。

権利ばかり主張しているんじゃないかな・・
そんなことを感じます。

一言でいうと・・

「甘えるな~~~~!!」です。(笑)

職場内ではいろいろあります。
インフルエンザにかかる人がいれば
親御さんの看病をしなくてはならない人がいます。
お子さんの具合が悪くなることもあるでしょう。
急にその人の仕事を手伝わなくてはならない状態があります。

でも、自分がそういう状態になったときには
周りの人に助けてもらっているんです。

権利の主張ばかりでなく、「助け合い」であったり
「おもいやり」であったりという
人同士の関係が職場の雰囲気をよくしていきます。

自分がその立場にならないとわからないという人がいます。
もちろん、そうです。

しかし、人の体験を自分も全部してみることなんてできません。
だから、私たちは一生懸命想像力を駆使して
相手を思い遣るのですよね。

仕事面でも認められている人は、それだけの
努力をしている人だと思います。
人を羨んだり妬んだりする前に、自分は
義務を果たしているのか振り返る必要がないでしょうか。

そんなことを感じる今日この頃でした(笑)

なんだか、お説教みたいですね。^^;
失礼いたしました~~~~!!!


[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-01-29 16:42 | 世の中ねた!

保育園の役割

保育園の役割ってなんだろうと考えることがあります。

本当は、「保育に欠ける子をお預かりする」ことが一番の役割です。
その中で、養護や教育を子どもたちの最善の利益という形で支援していきます。

ただ・・
乳児は集団には向きません。

そもそも乳児は個別に対応して育てていくべきです。

でも、保育園は集団です。
食事や睡眠、着脱、あそび・・
ペースがバラバラな子どもたちを保育園で見ていくのは至難の業なんですよね。

どうしても食事の時間は一斉になるし・・
お散歩の時間も特定の時間にせざるをえません。

その中で、こどもたちひとりひとりに最善のサポートをする。
保育園とはそんな理想を追い求めている場所です。

先生たちは、ひとりでも大変なあかちゃんを何人も一度にみます。
もちろんイライラもするでしょう。

子どもたちは1対1の関係を求めてきます。
その中で最善の利益を与えたいと思うと、無理があるのではないかと最近思うんです。

そもそも、集団の中で乳児さんひとりひとりが毎日安心して過ごす・・
それをするためには、今の倍の保育者が必要になると思います。

それを実施しようとすると、園運営は赤字になるかもしれません。

でも、それができないと、こどもたちは赤ちゃんのうちから
集団に合わせる生活を強いられることになるのです。

みんなと一緒に・・
ほかの子を待って・・
今は我慢して・・
まだまだ生まれたばかりの0歳さんや1歳さんがこういう環境にいます。

保育者は理想と現実のはざまで、苦しんでいる人がたくさんいます。

乳児は一斉に動けなくてふつうなんです。
それがあたりまえなんです。

でも、保育園ではそうしてあげられない・・

女性が輝く時代と言われています。
たしかに、男女問わず輝ければいいと思います。

でも、0歳から1歳から保育園は、こどもにとってどうなのか・・
家にいたら、その子のペースで生活ができるのに
集団での活動を強いられる保育園での生活は・・

乳児のうちは、おうちでのんびり過ごせるそんな世の中になるといいのにな・・
つくづくそう思います。

そして、保育園の先生方には、
「乳児は集団行動ができなくてあたりまえ」であるということを
肝に銘じていただいて、できるだけイライラしないで
楽しく保育ができるようにと心から願います。

今の世の中・・本当にこどもにとってのよいものをみつけていくのが
難しい時代です。

どうぞ、まわりにまどわされず、子どもにとって、そしてお母さんたちにとって
最善の選択を選んでほしいと思います。

なんて、最近こんなことばかり考えてしまいます。



[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-10-18 20:37 | 世の中ねた!

働き者のおかあさん達

最近、気になるのが働き者のお母さんたち。
子どもを育て、家事をし、仕事をしているお母さん・・

疲れているはずです。
それでも子どものために、自分の睡眠時間を削って働いている。

私は、二人出産終わるまでの3年間!お仕事は休んでいました。
そして、その後もしばらくはパートのお仕事。
とてもじゃないけれど、フルタイムの仕事にはつけなかった・・

パートでも・・毎日疲れていました。
保育園に迎えにいき、家に帰ってから急いで夕飯の支度をしても
疲れたこどもたちは、もう眠くって・・
機嫌が悪く・・支度は滞る日々・・

これじゃ、ご飯は作れないなと思って、前日の夜、翌日の夕飯の下ごしらえをすることにしました。
それだけでも並大抵じゃありません。

子どもたちに夕飯を食べさせ、お風呂に入れ、寝かしつけると
自分も疲れて一緒に眠ってしまいます。

夜12時に目覚ましをかけ、起きてから食事の後片付けや洗濯物
翌日のご飯の下ごしらえ、アイロンがけもしてました。

自分の時間どころか眠る時間もうまくとれない日々・・
私は近隣に祖父母や友人がいたため、ずいぶん助けてもらいました。

でも、今のお母さんたちは、それもできない人がたくさんいます。
そんな中、「食育」や「早寝早起き」を社会は求めます。


働き手として仕事もこなさなくてはならないお母さんは、みんな疲れていますよね。
手を抜かないと体を壊します。

でも、子どもの睡眠障害が大きな社会問題となっている今
やはり、夜更かしの生活だけは避けたい。

夜更かしは、あとあと・・大きな弊害をもたらすことがわかってきました。

すべてこなすなんて無理な話です。
それでも、夜更かしだけはなんとか阻止してください。

夜更かしが続くと、体内リズムが崩れます。
それによって、夜眠れないようになるそうです。

小学校・中学校・高校に通えず不登校になる子の30%が
生活リズムの乱れから発症している不登校ではないかと言われています。

本人の怠け癖ではない!
体内リズムが乱れていることが要因です。本人もつらい・・

3歳までに睡眠リズムを適正にすることが重要だそうです。
忙しいお母さん、すべてをこなす必要はありませんよ。

子どもさんと一緒に早寝をするリズム作りだけできるように、お仕事調整できるといいですね。
そういうことを理解してくれる企業が増えてくれるといいな・・

女性の働きを頼りにするのであれば、子育ての大変さを理解できる企業にしてほしいと
心から望みます。




[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-10-11 20:17 | 世の中ねた!

子育てはみんなでしましょ

子育てってひとりではできないな~。
いろいろな人と出会い、話をしていると、本当にそう思います。


たぶん、多くの大人が、子どものためを思って子育てをしているはずです。

子どもには、しあわせになってもらいたい!

でも、親の思う子どものしあわせが、本当に子どもにとってのしあわせなのか・・
みなさんどう思われますか?

間もなく50歳を迎える今となっては、母が癇癪を起こすことも
「疲れているんだな」とか「心配しているんだな」と理解することができますが
10代、20代のときにはできませんでした。

不器用な人、愛情表現が苦手な人、素直になれない人、口より手が出てしまう人・・
厳しいしつけをすることが愛情だと考えている人、世の中にはいろいろな人がいます。


でも、多くの親御さんは、背景に子どもへの愛情を持っているはずです。
でも、言葉や表情、態度で表さないと、子どもにはなかなか伝わらないんです。

30代、40代になったら気づくかもしれません。
でも、それでは遅い!事例がたくさんあります。

子どもが親を殺す!そんな事件が紙面をにぎわします。
まさに、「遅い!」ですよね。

本来、親は、いつまでもそばにいてもらいたい存在のはずなのに・・
殺してしまうほど憎くなってしまう。

たぶん、そこまで追い込んでいるのは大人だと思います。
そうなる前に、周りからのサポートがあったら・・

周りの人が、気づいたときに、手を差し伸べられるといいのにな~と思うんです。
「大丈夫?疲れてるんじゃない、子どもさん少しあずかろうか?」
「なにか手伝えることある?困ったことがあったら言ってね」

余計なおせっかいをと言われるかもしれませんが・・
私が仕事をやめたら、ぜひ、そういうことができるような場所を作りたいなと思っています。


いつの話かな~~!(笑)



[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2014-10-04 21:36 | 世の中ねた!