にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

バイリンガル

今日、電車に乗っていたら親子連れが乗車して
私の座席の前に立ったんです。

お父さんはアメリカ人かな?
たぶんお母さんは日本人。
(おかあさんかどうかはわかりませんが・・)
それにかわいいハーフらしき男の子・・
3歳くらいかな~~!

子どもは座りたかったのでしょうね。
「ダディ~~~」と甘えながら
お父さんに寄り掛かったり、
お父さんの腕に絡まったりしていました。

譲るべきか?・・と思っていたら
次の駅で、私の隣の人が電車を降りたんです。

すぐに座ろうとする男の子。
でも、お父さんはすぐに
「NO!!!!!NO!!!NO!」と
座ろうとする子どもを引きもどします。

子どもは座りたそうに抵抗しますが
お父さんは「NO!」
そこでお母さん・・
「もうすぐ着くから立ちなさい!」

お~~~~!!
これが外国人の子育てなのか!

いやいや、そういえば、
保育園のお父さんもそういう人いたな~!
「座席には体の弱い人や女の人が座るんだよ」なんて
息子さんに話していたことを思い出しました。

でも、普段からそういう子育てをしているのでしょうね。
その子は、駄々をこねることはなく、諦めました。

降りる直前・・
携帯をチェックして「大変!」とつぶやいたお母さんの
声を聞いて・・
子どもが言いました。

「なにが大変なの?」

お~~~!!!
日本語も堪能!
こうやって身近に英語や日本語があふれていると
自然と両方使えるようになるのでしょうね。

英会話教室とは違う
生活の中の母国語について
考えさせられる車中でした。


[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2015-08-30 23:49 | 世の中ねた!