にゅー★たぬきのほのぼの日記★

oyatanuki.exblog.jp
ブログトップ

悩めるお母さん方!

今日は2才児さんの部屋におじゃましていました。

こどもたちは落ち着いて遊んでいて
「大きくなったな〜〜」と思っていました。

でも、その中でも危ない事をする子やそれはいけない!と言われる事を
する子が当然ながらいます。

帰りがけ、ちょうどお母さんと話をする時間がありました。

聞いてみると・・・

「家でもまるで言う事を聞かない!」とのはなし。
また、「叱ってもまるでだめで、最後には手をだしてしまう。」とか
「おばけとか、おかあさんがでていくとかと脅かしてしまう。」と言っていました。

みなさん、悩んでいるんですね〜〜!!

ちょうど、2、3才は悪魔といわれるほど大暴れの時期です。
もし、この時期にその徴候がない場合は、あとあと地道に現われてきます!

そんなとき、つい叱りたくなるのは仕方ないですよね。
私も相当叱った覚えがあります。

ただ、叱り方が厳しすぎたり、結局許してしまったり、根負けして
そのままにしてしまったりすると、毎日同じ事の繰り返しです。

「怒鳴り声が毎日響く!でも、こどもは全く知らん顔!」これでは
仕事を終えて帰ってきたお母さんはイライラするのも当然でしょう。

叱られてもその後、許してしまう事で、こどもは
「また言ってるけど、結局は許してくれるだろう」と思います。

叱り方が厳しすぎると「注意された時にパニックを起こしたり、余計大騒ぎをしたりします。また、隠れてやったり、自分より弱い子にその怒りをぶつけます。

なので、できるなら納得するまで話し合って欲しいし、「これはいけないことなんだ」と分かって欲しいと思います。

それには、根気強く、粘り強く接するしかないと思います。
忙しい時に辛い事ですが、早めに対応しておかないといつまでも続き
結局は、体罰がエスカレートする場合もあります。

どうしてこれはいけないのか!危ないからいけない!とか人に迷惑をかけるからいけないとかいろいろと理由があると思います。

でも、こどもはやりたい!その意志も尊重し、それなら、どうしたら危なくないか!人に迷惑をかけずにやれるのか!交渉しながらすすめるのが理想だと思います。

忙しくてイライラしている時には無理ですよね。
それなら、ゆとりのある時にはじめてみてはどうでしょうか?

おかあさんはただ怒るんじゃない。
ちゃんとやりたいことを言えば一緒に考えてくれる!と
こどもが思ってくれたらそのあとがずっと楽になると思います。

こどもはわかります。

先延ばしにしないで、今!やってみませんか?^^
[PR]
by tuki_dango_tanuki | 2005-10-04 20:43 | 保育園ねた!